「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

【全面張り替えも辞さず】壁紙クレーム【その3】


続きです。

取りあえず壁紙を何とかする方向でコンセンサスを得たので、
現場監督さん、職人さん、m4さんに来てもらいました。

c0360183_03002694.jpg

家内が一番気に入らなかった階段室。
前夜に「とにかく少しでも気に入らない部分にマスキングテープを貼って」
と言ったら、こんな状態に。(笑)

3割程が異物混入の凸と下地の不陸。そして残りの大部分が糊跡(?)のテカリです。
やっかいなのは、昼間の光では殆ど認識出来ない事。
夜、電気を付けると確かに凄く目立つのですが、確認に来るのは昼なので伝わりにくいのです。


訪問直後にこの光景を見せられて息を飲む御一行。(笑)


以前からどうも「気に入らないトコをチョイチョイっと補修すりゃイイんでしょ」
くらいに考えてた節があったようですが、これを見て考えを改めたようです。
というか、家内が気に病んでいたという事を、ここにきてようやく理解してくれたように感じました。

これだけの面積ですから、当然部分補修なんて不可能。やるなら全面張り替え一択です。
同じクロスだとさらに悪化する事はあっても改善はしないとの事なので、
やるなら厚みのある普通のクロスに変更する事になります。

来てもらう前は(費用と相談しながらですが)丸ごと張り替えてもらう事を視野に入れていましたが、
結論は一旦置いといて、リビングに移動しました。



リビングを全面張り替え、なんてのは余りにも非現実的だというのはさすがに理解しているので(笑)
こちらはどうしても我慢出来ないニッチ状のスイッチ周り(弟嫁に最初に指摘された因縁の場所)の不陸と、出隅部分の十指に届こうかというクロス浮きの補修を頼むつもりでした。

しかしスイッチ周りの補修には難色を示されました。

手順としては、不陸のある部分を剥がして新しいクロスを突き合わせで貼るのですが、
一旦剥がした箇所に新品のクロスを貼ると、厚みに微妙な差が出るので悪目立ちする、というのです。

という訳で、これまたペンディング。


続いてトイレです。
まずは画像を御覧下さい。

c0360183_00535839.jpg

丁度「座った」ところから撮った写真です。
で、不具合なんですが・・・・・

c0360183_00540734.jpg

これです。
スイッチを横切るように不陸がスーッと横一線に。orz
写真に写るという事はクッキリした不陸という事で、これは昼間でもハッキリ見えます。

また場所が最悪で、座った正面なので否が応にも目に飛び込んでくるのです。
側面の壁なら我慢したと思いますが、これはさすがの僕も気になって仕方ありません。(笑)

という訳で、ココはこの面一枚全部張り替える事にしました。
ここは入隅で突き合わせでブッタ切れるので、比較的補修しやすいという計算もあります。


で、ココを張り替えるという事は、当然この面のクロスは剥がすという事なんですが、
これには一つ大きなメリットがあって、この剥がしたクロスを再利用すると、
リビングのスイッチ周りも段差が(ほぼ)無しで補修出来る、んだそうな。

という訳でリビングのスイッチ周りも補修する事が確定。
クロス浮きは人目につかない寝室(にも沢山ある)で一度補修して、
補修跡が気にならないレベルならリビングも補修する、という事になりました。



あとは階段室をどうするか・・・・・。



厚い壁紙で張り替えれば、不陸は気にならないレベルで仕上げてもらえます。
しかしm4さんによれば、厚いクロスを使うと一気に建て売り感満載になってしまう、との事。

それでも家内の精神衛生の方が大事なので、私の気持ちは張り替えに傾いていました。
玄関ホールとの見切りが変になりそうだけど、それは止む無し。

という訳で
「建売りっぽくなっても階段ホールだけだし、張り替えてもイイと思うよ。あなたが満足出来る形にしよう」と、判断を家内に一任しました。




で、家内の出した結論は・・・・・




まさかの現状維持 Σ(・ω・ノ)ノ!




もちろん不陸やテカリは我慢ならないし泣きたくなるほど嫌なんだけど、
それ以上に今の雰囲気が壊れる事の方が嫌なんだそうな。


折角建築家に頼んで家を建てたのだから、そこは大事にしたい・・・と。


という訳で、張り替えはトイレの一面のみ。
リビングはスイッチ周りと出隅のクロス浮き(多数w)、
階段室は1カ所あった切れのみ補修という事になりました。




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
# by casagarage | 2016-08-07 02:28 | 住んでから | Trackback | Comments(10)

【家内爆発】壁紙クレーム【その2】



私、何千万もお金払ってなんでこんなに我慢せなアカンのですか



弟嫁に壁紙の不具合を次々と指摘される、という事件以降、すっかりふさぎ込んでしまった家内。
施工側からすれば正常な範囲内なのでしょうが、彼女の心情的には「不具合」でやり直して欲しそう・・・。

でも、これは住み始めてから出てきた不具合ではなく、納得はしていなくとも
このような状態を認識した上で引き渡しを受けた以上、我々にクレームを言う権利はありません。
なので、家内の気持ちは承知の上で「やり直してもらいたい」という意見は黙殺していました。


ですが家内の表情は日に日に曇りを増していきます。
掃除をする度に新しい不具合を見つけてしまうから「掃除もしたくない」と言い出すのを見て、
家内の精神状態が限界に近い事を悟り、禁を破ってm4さんに連絡を入れました。


本来、やり直しを要求出来る立場ではない事は承知していたので
「費用はこちらで持つので、壁紙を張り替える見積りを出して欲しい」とお願いしました。


ですが、返答は期待していた物とは違っていました。


1)張り替える事によって却って状態が悪化する可能性が高いのでお勧め出来ません
これは工務店からの返答です。壁紙を剥がす時に石膏ボードの表面(紙)も剥がれるので
下地の状態が更に悪化し、それが仕上がりに悪影響を与える、との事

2)1を回避するには厚い壁紙にするしかないが質感がチープになるのでお勧め出来ません
そら、建築家はそう言うわな(笑)



という及び腰の両者を翻意させたのが、冒頭に書いた家内の魂の叫びでした。
家内が気持ちを伝えた翌日、「費用の件は別にして、改めてお話をさせて下さい」と連絡がありました。

「施主検査で確認の上、引き渡し済みなので」の1点張りで断る事も出来る立場なのに、
施主の気持ちを汲んで話し合いに応じてくれた工務店と設計事務所には感謝の言葉もありませんでした。



まだ続く


お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
# by casagarage | 2016-07-28 02:06 | 住んでから | Trackback | Comments(2)

【事件発生】壁紙クレーム【その1】


我が家の壁紙にはハッキリとした長所と短所があります。

まず長所。
仕上がりの質感が非常に高く、塗り壁の様に見えます。目の肥えた家屋調査員を騙せる程です。(笑)

そして短所。
施工が難しく、ミスに対する許容範囲が狭い。また光の当たり具合で不陸が非常に目立つ


これは両方とも我が家が選んだ壁紙の性質による物です。
我が家で使用しているクロスは高い物ではないのですが、非常に薄い製品なのだそうです。
現場監督さんによれば、納品されたロールの太さが通常の製品より断然細いんだそうな。

薄いと塗り壁のように仕上がる理屈は分かりませんが、兎に角そうなるそうです。(^^;;

ただしその薄さ故、パテ屑やホコリなどの異物を巻き込むとすぐにプクッと膨らみます
我が家のクロスはこの異物混入の膨らみが物凄く沢山あるのですが、
コレ貼ってる最中は分からないそうで、糊が乾くと浮き出てくるのだそうです。

コレ、職人がヘボなのではなく、誰がやっても多かれ少なかれ異物は混入するそうです。
ただ、普通の厚みのあるクロスなら、その厚み分で吸収するので表には影響が出ないのですが
薄いと全部見えてしまうのだとか・・・・・。


(そんなの後出しジャンケンで言われても困るんですが・・・・・)


何だか釈然としない、モヤモヤした気分のまま引き渡しを受けたのですが、
住み始めて数週間後に事件が起きました。



え〜、ワタクシその日は暢気にクルマのイベントで長野に出掛けておりました。
そんな中、私の母と弟夫婦と姪っ子ちゃんが新築祝いを持ってきてくれたのです。

「わぁ、すごーい」「キレー」と、最初はみんな大絶賛だったのですが、
ある時、リビングのスイッチを見た弟の奥さん(以下弟嫁)が
「あれ?これ壁紙おかしい?」と、不具合に気付きました。

そこから一気にアラ探しモードに突入した弟嫁。
「あ、ココも」「あ、あそこも」と次々に壁紙の不具合を指摘し続けたそうです。
さすがに拙いと思った弟が脇を小突くまで延々と・・・・・。

ここだけ読むと弟の奥さんメッチャ性格悪く見えますが、実際はすごく性格の良い、弟には過ぎた奥さんです。
嫌みでやってる訳じゃなくて、全く悪気無く思った事を口にしただけだと思います。これは家内がそう言っていました。



家内はね、引き渡しのときからずっとモヤモヤを溜め込んでいたんです。
彼女の中では、質感という長所より不具合が目立つと言う短所の方が大きかったのです。
本当はやり直して欲しかったけど受け入れてもらえず、何とか気持ちを誤魔化していたんです。

でも、この一件で気持ちが完全に切れてしまったようで、「もう誰にも家を見て欲しくない」と。
泣きこそしませんでしたが、泣きたいくらい悲しかったと思います。


この後すぐ、(事件が起こる前に約束していたので)仲の良いママ友2人を招待したのですが、
「また同じ事言われたらどうしよう」という心配が先に立ってしまい、話もそこそこにお引き取りいただいたそうです。



新築した家を仲の良い人にお披露目する・・・・・
それって家を建てて一番幸せな瞬間の一つじゃないですか。
その機会を与えてあげられなかった事が切なくてねぇ・・・・・



続く



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
# by casagarage | 2016-07-16 04:29 | 住んでから | Trackback | Comments(10)

バルミューダの扇風機 Green Fan Japanのレビュー


当初1万円の予算だったはずなのに、
気が付けば3万6000円のバルミューダをポチっていた、という我が家の扇風機選び。(笑)

今回は使ってみての感想です。


が、性能云々の前に、先ずこのデザイン!

画像はお借りしました m( _ _)m


仮にこの扇風機の機能は普通だったとして「このデザインの為だけに3万出せるか?」
と言われても、私なら出すかも知れません。(笑)

日本の家電にありがちな、変な丸みを帯びたラインが無いのがポイント高いです。

以下、個人的な見解です。特定の誰か、何かを誹謗中傷する意図はございませんが、お気を悪くされた方がおられたらお詫び申し上げます。

思うんですけど、(家電に限らず)日本の工業製品って、
デザインに必ず「カワイイ」という要素を入れたがるという悪習があるように思います。
それでもまだ、ポップなテイストなら受け入れられる余地もあるのですが、
大概は甘ったる〜い感じで、こうなるともう全くもってノーサンキューになってしまいます。(^^;;

私が嫌いというだけで、別にそういうデザインがダメだとは言いませんし、
あっても良いとは思うんですが、これまた日本的な風習で、全部が全部そうなっちゃう・・・。

これまでは選択肢が無いので仕方無く受け入れてましたが、
ここ数年は海外製品を含め、そうでない製品が出回るようになってきたと思います。
極力そういう製品を買うようにしていますが、何故か高いので手を出しづらいんですよね・・・。

以上、個人的見解でした。(^^

色は3色展開なのですが、我が家が買ったのはグレーです。
Blackの方がカッコイイんだけど、我が家のリビングだと浮きそうなのでGrayをチョイス。

画像はお借りしました m( _ _)m


再現するのは自然界の風、というキャッチコピーのこの扇風機。

肝心の使用感ですが、一言で言うと「宣伝文句に偽り無し」といった所でしょうか。
確かに風が「優しい」です。家内は「風が痛くない」と表現しました。

初夏に窓を開けていると、外からスーッとそよ風が入ってきて
「おっ、いい風だなぁ」って思う事、ありません?

バルミューダの風は、あの風に限りなく近い、と感じました。



その特性を踏まえると、この扇風機が最も重宝される場所は寝室だと思います。


従来の扇風機って、就寝中に一晩中当たり続けると、朝、身体がダルく感じませんか?
バルミューダだと、本当に窓から入ってくる自然の風のような当たりなので、
一晩中掛けっぱなしでも至極快適なのです。(家内は首を振らないとシンドイそうですが)

逆に風の当たりが柔らかなので風呂上がり等に火照った身体を一気に冷やしたい・・・
という用途には向きません。そういう状況では正直物足りないです。(笑)


もちろん、リビングで使っても快適な事この上ありません。(・∀・)イイ!


定価3万6000円とハッキリ言ってクソばか高いですが、その高価格に見合う値打ちはある、
と断言出来ます。最初に書きましたがデザインもイイんですよ。それ込みでね。(・∀・)イイ!



リビング用に買ったものの、寝室でこそ真価を発揮するバルミューダ。
でも、リビングは2階で寝室は1階なんですよねー、ウチ。
持ち運びがスゲーまんどくさいの。途中で落っことして壊したら目も当てられないし・・・・・




う〜ん・・・・・



もう1台買っちゃう?!
マジ悩み中death。( ̄▽ ̄;)


でも、高すぎて死んじゃうYo!




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
# by casagarage | 2016-07-07 02:27 | 住んでから | Trackback | Comments(8)

扇風機に3万円も出す日が来るとは思ってもいませんでした


リビングが暑いので窓を開けたいんだけど、虫が入り放題になるので開けるに開けられず
文字通り煮詰まってゆく我が家。 (υ´Д`)アツー

そんな中、窓を閉め切ったままでも扇風機を回せばそれなりに凌げる事に気付きました。

でも、我が家の扇風機は10年以上前に買った古き良き白物家電丸出しの残念なアピアランス。(笑)
m1さん渾身仕上げのリビングに置くと抜群の存在感を醸し出してくれます。(爆)


「これは早急にオサレ扇風機を手に入れねばなるまい!」という喫緊の課題を鑑み、
別件で無印に立ち寄った時に「あ、扇風機見てみようよ」とチェックしたのがコチラ。

画像はお借りしました m( _ _)m

無印良品 DC扇風機 MJ-EFDC1
現在は在庫切れで売ってないようですが、定価32,000円の値札がぶら下がっておりました。

「あ、イイやん。買っちゃう?」と家内。

イヤイヤ、ちょっと待って?
扇風機って3万円もするモンだっけ?
1万円もしないモンじゃなかった?

という事で珍しく私がストップを掛け、手ブラで帰宅ました。


ここで閑話休題。
この日展示していた扇風機はこれ1台でした。でも無印には9,800円の扇風機もあるんです。
この時9,800円のヤツが展示してあったら、あっさり買っていた可能性が高いです。運命ってヤツですかねぇ(大袈裟)


期待の無印は3万もする(ホントは1万のがあるw)という誤算に
慌てて扇風機探しを始めるワタクシ。

しばしグーグルさんのお世話になった後、意中の機種を家内にプレゼンします。


私「なぁなぁ、無印のヤツを『買おうか』って言ってたけど、扇風機に3万出す気あるの?」
家内「無印のヤツやったら出してもイイ」
私「3万出す気があるんやったら・・・」
家「ダメ」
私「まだナンも言うてへんがなw」
家「どうせ、デザインばっかりで選んだんやろ」
私「そんな事も無いけど・・・」
家「無印のは首が上下に振れるからイイと思ったの。首が上下に振れるのが条件」
私「首は左右だけと思う」
家「ほんならダメ」
私「イヤイヤ、そう言わんと・・・」


画像はお借りしました m( _ _)m

私「これなんやけど・・・」
家「あ、知ってる。コレかぁ・・・これやったらイイかなぁ」
私「さすが奥様、お目が高いwww」


という訳で、家づくりブログを見る皆さんなら御存知、というかもはや定番?
バルミューダ Green Fan Japan、定価3万6000円でございます。

デザインが秀逸なのはもちろん、コイツの真骨頂はそのスペック。
詳しくは公式サイトに書いてありますが「再現するのは自然界の風」の謳い文句通り、
「窓から入ってくる風」のような風が吹いてくる、というのです。

私、この手の宣伝文句には懐疑的な方なんですが、どこのレビューを見ても絶賛の嵐。
というか本当に掛け声倒れなら、こんなクソ高い扇風機がバカ売れするはずが無い、
と思って、購入に踏み切りました。



という訳で、今回は私の提案に家内も賛成する、という
我が家にしては非常に珍しいパターンとなりました。(^^;;



長くなってきたので、使ってみてのレビューは次回。(^^)



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
# by casagarage | 2016-06-29 03:23 | 住んでから | Trackback | Comments(4)