casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:竣工まで( 30 )

引き渡しの日に何してんだろ、俺


10月31日は記念すべき竣工引き渡しでした。午後2時からの予定です。
で、私はというと・・・・・



朝からガレージの壁を塗ってました。



引き渡しの日に朝から全力で施主施工。
だって、引越しまでの休日が今日を入れて4日しか無いんだもの。
最後の1日はガレージ床の防水塗料DIYが必須なので実質3日です。(^^;;


監督さんも「そんな人、初めて見ました」と生暖かく見守ってくれました。(^^;;



昼過ぎに一旦仮住まいに戻って、身支度して再び新居へ。
ハウスメーカー何かだとテープカットやら何やらある、とブログで読みましたが、
そういうセレモニーは無し。御近所の目が恥ずかしいので助かりました。(笑)


ですが、書類のやり取りの後、「引き渡し式」が行われました。
(聞いてませんでした。式次第まで用意してあってビックリ)

設計事務所の方で、これまでの家づくりの記録を数分のVTRにまとめてくれていて、
上映会が行われました。後でDVDに焼いて貰えるそうで、これは素直に嬉しかったです。


式が終わった後、業者さんから立て続けに設備の説明を受けたのですが、
その最中にm1さん達御一行はお帰りになってしまいました。

m1さん達と会うのはこれが最後かもしれないので、もう少しゆっくりお話ししたかったし、
家の前で記念撮影とかしたかったんですが・・・。それだけが心残りでした。



という訳で、ついに新居が名実共に私たちの物になりました。

家内にとっては中学生の頃からの夢、私にとっても生涯の大きな目標でした。
正直な所「俺、泣くだろうな」と思っていたのですが、涙は出ませんでした。




壁塗りのスケジュールが気になって、泣いてる余裕が無いんですよ。(爆)


c0360183_03374056.jpg

いや、もうアキませんって、仙道さんwww




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-11-03 03:03 | 竣工まで | Comments(6)

家内の機嫌が直りました


家内が泣いた翌日。
施主検査には所用で来れなかったm3さんが、わざわざ時間を作って見に来てくれました。

まずはドアの反りを見て貰いました。
「まぁ、木はどうしても動きますからねぇ。(軒があるので)下半分だけ日が当たるので
反ったのかも知れませんねぇ。動き終わるまで調整を繰り返して様子を見るのが良いと思います」
と言われました。


そして家に入ると、驚きの光景が!

そこら中に不具合を指摘するマスキングテープが貼ってあります。

私たちを待っている間にチェックしてくれたようで、
前日「これは仕方無い」という雰囲気に流されて指摘出来なかった
細かなクロスの浮きやヨレの大半に修正指示が出ていました。

「まぁ、どこまでやってもらえるか分かりませんが指摘はしておきましょう」

この時、どれだけm3さんが頼もしく見えた事か。(ToT)



フローリングの塗装剥がれも「色が合わないリスクもありますが」と前置きした上で
マスキングテープをペタリ。


もう、m3さんの家に足を向けて寝れません。(^^)



そして、玄関ドア横のガラスの話をm3さんに聞いてもらいました。

「フロストにすると内と外の繋がりが断たれてしまうので意匠的には透明にしたい所です。
観葉植物もイイですが縦格子を入れるのはどうでしょうか。
その方が外からの視線と言う点では安心感があると思います。
まず観葉植物で様子を見て、やっぱり気になるなら格子と併用、
それでもダメならフロストフィルム、と順を追って様子を見てはどうでしょう?」


この提案に家内はニコニコ顔。(⌒∇⌒)




つか、何でm3さんが言うとすんなり聞くんだ、オメーはよ!ww



格子はともかく、観葉植物で様子見、って俺と言ってる事おんなじやん。(゚皿゚メ)




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-11-01 03:44 | 竣工まで | Comments(4)

久しぶりに家内が泣きました


27日は施主検査でした。

某検索サイトで「施主検査」と入力すると
「施主検査 チェックリスト」と予測変換が出るくらいですから
気合いを入れて臨まれるお施主さんが多いんでしょうね。

もちろん私もこれまでブログで書き綴って来た神経質さ全開で臨んだ、
とお思いでしょうがあにはからんや。

チェックリストはダウンロードすらしませんでしたし、写真も撮りませんでした。(^^;;
m1さんがチェックするのを横から見ていてうなずくだけ。借りて来た猫状態でしたwww


何故かというと、壁紙の不陸の事で監督さんとm4さんと話していた時に、
「ある程度は仕方が無い=我慢せざるを得ない」と宣告されていたからです。

実際m1さん達も、クロスの汚れやつなぎ目の浮きなど比較的簡単に補修出来る箇所は指摘します
クロスを剥いで下地からやり直さなければならないような不具合は「これは仕方無い」みたいな態度でした。


私たち夫婦にとっては初めての新築でどの程度まで言っていいか分からないので、
そういうもんなんだろうな、と思って黙っていました。

「こういうもんだ」と最初から思っていれば、
不思議とクロスのアバタも気にならないものです。(^^;;



てな訳で、施主検査は淡々と終了しのですが・・・・・




その夜、家内が泣きました




深夜勤務を終えて帰宅したら、寝室に居た家内がリビングに姿を現しました。
「もう嫌や。あたし引越したくない。実家に帰る」ポロポロと涙をこぼしています。


彼女に取っては不満だらけの施主検査だったようです。

1)フローリング塗装剥がれ
養生テープを剥がした時に「持って行かれた」ようです。
監督さんは「拭いてはみますが・・・」と及び腰。m1さん、m2さんもスルー状態だったそうです。
僕は言われるまで全然気付きませんでした。てか使ってるうちに痛むだろうし・・・

2)玄関ドアの反り
木製造作扉の宿命ですが、竣工前から反ってるのはどうなのよ、と。
家内にとっては「ありえない」だそうですが、
僕は遅かれ早かれ反ると思っていたので、「思ってたより早かっただけ」と諦観してます。
(このまま悪化が進行を続けるとさすがに困りますが)

3)玄関ドア横にあるスリットの透明ガラス
「外から覗かれるから絶対嫌」と設計段階から力説していたのでフロストフィルムを貼る・・・
はずだったのですが、フロストにしちゃうと意匠的に台無しなんですよ。
家内以外は全員透明にしたい派なので、4人掛かりで説得。
「観葉植物を置いたら見えないよ」と言って無理矢理押し切ったのです。(笑)



1と2も嫌だったそうですが、何より3が許せなかったようで・・・・・。
クロスの不具合(と言っても小さな不具合ばかりでした)もストレスだったそうです。


曇りガラスにするって言うから扉の横をガラス張りにするをOKしたのに!
・・・・・お説ごもっとも。サーセン

私だっていずれ痛んだり反るのは分かってるけど、引き渡し時点からなんてあり得ない!
・・・・・お説ごもっとも。サーセン


泣くほど嫌だったとは思ってませんでした。ゴメンよ。

ガラスはフロストにする、という事で何とか御理解を賜り、
実家には帰らず新居に引っ越していただける事になりました。(^^;;




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-31 02:18 | 竣工まで | Comments(8)

もうすぐ最終回


23日、ローンの契約書に判を押しました。
すったもんだありましたが、これで工務店さんに迷惑を掛けずに済むのでホッとしています。

建物保存登記は予定通り司法書士さんにお願いしました。
これはもの凄く簡単(らしい)のでもったいないですが、
ここまできてローン契約に支障が出たらバカみたいなので。(笑)

保存登記に絡んで表題登記の際に自作した建物図面について司法書士さんに聞かれたのですが、
ウチの家の図面は相当ややこしいらしい。(笑)
「僕が表題登記をしたとしても、結構悩んだと思います」というレベルなんだとか。


例えばガレージのドアは3枚引き戸なんですが、この場合は建物の外壁は通常斜めに表記します。
(一番内側の扉と一番外側の扉の両端を結んだラインが外壁のラインとみなされる)
でも、ウチは一番内側の扉のラインの直線上を外壁のラインとして承認を受けました。

これにはちゃんと根拠があります。建築面積は柱芯同士を結んだラインになるのですが、
ウチの場合、外側の扉の「受け」は飾り壁で、通し柱は内側の扉のライン上にあります。
なので一番内側の扉のライン上を外壁のラインとしたのです。

実は、登記官にもこの事は指摘されたのですが、
「この飾り壁には用途性が無いです」と主張して、無理矢理押し切りました。


だって、ここが斜めになると面積計算が面倒くさいんだもの。(笑)


「用途性が無い」の件の時は司法書士さんが目を丸くしてました。
呆れてたんじゃなくて感心してくれていたんだと信じたいです。(笑)


「建物図面の控えがあったら欲しい」と仰るのでお渡ししたら、これは本当に感心してくれました。





さて、ここまで来ると、家づくりもいよいよ終盤です。


嬉しさは殆ど無くて、どちらかというと寂しい気持ちなのはどうしてなんですかね?
何なら今のまま家が完成しなくてもそれはそれでアリ、くらいの勢いです。(笑)


建て始めてからはトラブル続きだったし、私のこだわりが強すぎたせいで大変だったけど、
充実してて楽しかったんでしょうね。

衛生設備の位置決めをした日も「その後は現場打ち合わせ」だったのですが、
実際はもう決める事は殆ど無く、
m4さんと並んで無言で家を眺めていると言いようの無い虚無感に襲われました。


「あぁ、もう終わるんだな」って。


27日は施主検査でした。
31日には引き渡しが待っています。


引き渡し後も少し工事が残るので引越しはもう少し先になりますが、
2年弱に及んだ家づくりプロジェクトもそこでお仕舞い。



このブログもあと数回の更新で最終回になると思います。





お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-29 03:35 | 竣工まで | Comments(14)

これ、素人が手ェ出したらアカン奴や・・・


26日は夏の断熱材に続き、2回目の施主施工をやって参りました。
今回はガレージの壁塗りです。

当初、ガレージの内装は構造用合板仕上げの予定だったのですが、
防火認定の都合で石膏ボード張りになってしまいました。

石膏ボード仕上げは我慢ならないので、何らかの仕上げを施すつもりでしたが、
減額調整でDIYとなっていました。



どうせやるなら漆喰でしょ
と思ったのが運の尽き。(笑)



という訳で、ロハスウォールさんの漆喰をDIYってみました。

こちら、本格漆喰DIY専門店を謳うだけあって、手引書なども充実しています。
それによると、1日目は養生と石膏ボードの継ぎ目埋め、2日目下塗り、3日目上塗り。
ハイ、3日で完成!! とか書いてあるんで、今日で養生と継ぎ目埋めをするつもりでした。



こんなん絶対無理。(笑)




お昼の時点での進行具合は、養生が2割程度できたのみ。(汗)
寝坊でスタートが遅かったのと、間柱が17本あるのでメチャクチャ手間が掛かるってのもあるんだけど・・・・・


こりゃ拙い、って事で養生は後回しにして午後からは継ぎ目を埋めました。
生まれて初めて扱うコテに苦戦し、これまた遅々として進まず。(^^;;

這々の体で継ぎ目埋めを終えた頃には日が落ちていました。
そのまま養生を続けたいのですが・・・・・



ガレージは電灯が点かない件orz



電球の選定が難航していて、まだ買ってないんですよねー。
という訳で1日目は終了。


この調子で行くと養生にあと1日(下手したら2日)は必要です。
塗るのも、居合わせた左官屋さんに聞いたら「2日じゃ難しいんじゃない?」と言われてます。


引越しまでの休日はあと4日しかありません。
最後の1日はガレージ床の撥水塗料をDIYしなければなりません。(やってもらうと2万5千円!)


加えてガレージ内に棚を設置してもらうのですが、その施工日を考慮すると作業に当てれるのは2日。
しかも、それまでに少なくとも壁2面は仕上げておく必要があります。



ハイ、詰んだー。




てか、リビングが壁紙なのに、ガレージが漆喰って何か間違ってるよねー。(爆)



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-27 02:30 | 竣工まで | Comments(4)

かなりズレてるトイレの選び方


21日、「タオル掛けなどの位置決めをしたい」との事で現場に行ってきました。

シャワーのホースが短くて私の胸くらいまでしかシャワーヘッドを上げられなかった、
というハプニングはありましたが、洗面室と浴室は割と淡々と終了しました。(笑)
シャワーのホースはもちろん交換してもらいました。


続いてトイレのリモコンとペーパーホルダーです。

まずは洗面室の向かいにある1階のトイレ。
1階の便器はサティスで、リモコンはスマートリモコンとなります。

画像はお借りしました m( _ _)m

見た目重視で英語タイプをチョイス。(笑)

位置決めは、いざ決めるとなると迷いますね。なんせ決め手が無いから。
正直どこでもイイ、というのが本音です。
監督さんも「よほど変な位置じゃなければ使っているうちに慣れます」と笑っておられました。



「このリモコンが欲しかったんよ」と悦に入っていると、監督さんから衝撃の発言がありました。



「2階はこのリモコンじゃありませんよ」


画像はお借りしました m( _ _)m


聞き捨てならーん!! (゚皿゚メ)




便器って皆さん結構こだわって選んでおられると思うんですよ。
タンクレスだったり、節水だったり、掃除のしやすさだったり、おしりターボだったり・・・。


私のトイレ選びの基準はちょっと変わっていて、リモコンのボタン命なのです。
画像はお借りしました m( _ _)m

ボタンがビニールコーティング(?)されているこのタイプが死んでも嫌。(笑)

長期間ON、OFFを繰り返すうちに、ボタンの周囲が切れてくるじゃないですか。
実家の古〜いウォシュレットがそうなんですが、それが我慢ならないのです。


実はトイレを選ぶ時に一番最初に言ったのはTOTOのショールームでした。
お姉さんへの質問はリモコン種類一択。
しかし、TOTOのトイレは凄く高い最上位機種以外は全てコーティングタイプ、との返答。
なので、トイレの説明は一切聞かずにショールームを後にしました。(笑)


次ぎに行ったリクシルでも、お姉さんへの質問はリモコン一択w
TOTOでの「ゼロ回答」の直後だっただけに、
このスマートリモコンを見つけた私がどれだけ喜んだ事か。www

2階のトイレは手洗い付きという条件があったのでアステオを入れているのですが、
スマートリモコンを付けられるか、しつこい位確認した上での選定だったのです。


「ウソやろー、話が違うやんけー!」と泣き叫びながら2階へ駆け上がる私。
そこで見た光景は・・・・・

画像はお借りしました m( _ _)m

コーティングの無いタイプでした。これなら全然オッケー問題無しの大満足です。(^^)



しかし、家づくりブログ界広しと言えど「リモコンありき」でトイレを決めるのは僕くらいでしょうね。( ̄▽ ̄;;)




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-25 04:04 | 竣工まで | Comments(13)

塗り壁に見える壁紙


ウチの壁の仕上げは、浴室とそこから続く洗面所の一部を除き、基本全面クロスです。
そりゃ珪藻土や漆喰に憧れはありましたが、
コストコントロールの一環で最初から壁紙を提案され、私たちもそれをアッサリ受け入れました。


壁紙とは思えませんね。こんなにキレイに貼ってあるのは初めて見ました。


別に期待もしていませんでしたが、家屋調査員さんのこの言葉には驚きました。
私たちはビニールクロスと知っているので「塗り壁みたい」だとは思いませんでしたが、
目の肥えている調査員さんが塗り壁と間違うんだから、相当なレベルなのでしょう。


ただし、監督さんに聞いた所によると、
職人さんの腕が良いから塗り壁に見えたのではない、のだそうです。

我が家で使っている壁紙は、非常に薄いのだそうです。
ちなみに図面にはサンゲツのSG5648と書いてありますが、コレ多分間違ってます。(笑)

理屈は分からないのですが、薄い壁紙は塗り壁のように仕上がるのだそうです。
ただし、致命的とも言える弱点があります


強い光が当たると、不陸がメチャクチャ目立つのです。


そりゃぁもう、「済みませんが全面貼り直して下さい」と言いたくなるレベル。(笑)


実際、家屋調査の数日前に家内と現場に行ったのですが、
夕方で西日をまともに浴びていたので、強烈な不陸が出ていました。
あまりに酷さに「施主検査で指摘して全面張り替えてもらおう」と即決しました。

ところが、直射日光を浴びていなかった家屋調査の日は、
「あれ? あの不陸はドコに消えたの?」という位、全く分からなくなっていました。


監督さんにその話をすると
「どうしても西日が当たると目立ってしまいます。実際は下地は塗装レベルで仕上げているんですが」
と申し訳無さそう。

m4さんも「やり直しても恐らくほとんど改善しないと思います」との事。
そりゃぁ、塗装レベルの下地ならそうでしょうね。


西日が当たったときの不陸は、塗り壁と見違える程の仕上がりの代償なのです。


最初からこの事を知っていたら、
塗り壁に見えるというメリットがあっても、この壁紙を選ばなかったかも知れません。

でも、すでに施工しちゃってるので、このまま行くしかないよなぁ。(^^;;




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-23 05:12 | 竣工まで | Comments(6)

適当な家屋調査


19日は市役所の税務課による家屋調査でした。

引っ越して住み始めてから役所の人に家の中を見られるのは嫌なので、
このタイミングで来てもらいました。

予定時刻の少し前にやってきたのは、私よりチョット年上っぽいオジさんと、
結構タイプのオバさんというと可哀想だけどお姉さんではない美人さん。(笑)


挨拶もそこそこに早速ガレージからチェック、と思いきや、
丁度お昼休みだった職人さん達がガレージの床で爆睡中。(笑)

「えっと、ガレージの仕上げはこれからですか?」と美人さん。ガレージは石膏ボード仕上なのです。
「いえ、このまま素地仕上げです」いずれ施主施工で壁を塗る予定ですが、引渡しは素地のままです。


と、ココで「済みません。まず間取り図を写させて欲しいのですが」とオジさん。
テーブルのある2階リビングへ御招待しました。

手早く間取り図を書き写すと「では、リビングから見せていただきます」と調査開始。


壁の仕上げを見ながら何やらヒソヒソと話す不倫カップル調査員のお二人。

聞き耳を立てていると「塗り?・・・いや、塗装かな」と聞こえたので、
「や、壁紙ですよ」とすかさず訂正。
怪訝そうな顔をして「えっ? 触ってもイイですか?」と美人さん。

壁を撫でながら、オジさんが「あっ、ホントだ。クロスですね」と目を丸くしていました。
美人さんも「すごく上手に貼ってますね。クロスには見えません」お褒めの言葉。光栄です。
話しぶりから察するにお世辞ではなく、本当にそう思っているように感じました。(*゚▽゚)


キッチンの幅を測った後は子供部屋へ。
ここでは壁と床の仕上げをチェックしてましたが、フローリングの種類には興味が無いようでした。


では1階も見せて下さい、という事で移動。

洗面室の壁は一面だけ浴室と同じタイルの仕上げなのですが、
そのタイルをまじまじと見て「仕様表を見せていただけますか?」と。
誰がどう見ても同じタイルなのに、仕様書で確認するまで納得いかないようでした。(^^;;

あとは洗面台の高さを聞かれました。
実は洗面台も間違って納品されたので、代替品待ちで未設置なのです。(笑)

そして外に出て、外壁の仕上げを確認。




さぁ、お次ぎはいよいよ設備品の確認か、と身構えた所で・・・・・


「以上で終了です。ありがとうございました」



Σ(・ω・ノ)ノ! エエー?



バレなきゃいいなぁ、と思っていた床暖房の有無も聞かれなければ、
天井高を測るでも無く、コンセントの数を数えるでも無く・・・・・。

ガレージに至っては足を踏み入れてすらいません。(笑)


聞けば確認箇所は「壁の仕上げと、床の材だけ」だそうで、
わずか20分で終了してしまいました。(^^;;



床暖房がバレなかったのは嬉しいんですが、
こんな適当な調査で固定資産税を決められるかと思うと、複雑です。(´・Д・)」



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-21 05:22 | 竣工まで | Comments(8)

キッチンを間違えられました


m4さんとは週に3、4日ほど電話で連絡を取り合っています。
これでも大分減った方で(笑)着工から夏頃までは、それこそ毎日と言っていい程電話してました。
もちろん私から一方的に掛けてる訳じゃありません。向こうから掛かってくる方が気持ち多いんですよ、念のため。


で、先週掛かって来た電話で一通りやり取りが終わった後、m4さんが声のトーンを一段下げて、
「実は最後に少し大きな出来事がありまして・・・・・」と切り出してきました。


私「何? 悪い話でしょw」
m「まぁ・・・・・」
私「電話切ってイイ?(笑)」
m「キッチンなんですが、お打ち合わせでは面材は木目になっていたと思うんですが・・・・・」
私「間違ったの?」
m「・・・・ハイ」
私「で、そのままじゃダメ? って電話?」
m「差し支えなければ・・・・・」
私「てか、もう設置済みですよね?」
m「はい」
私「うーん、キッチンは俺マターじゃないからなぁ」


家内「私、別に何でもエエで」

・・・・・さすがです。(笑)



何度か書いていますが、ウチのキッチンはサンワカンパニーのコントルノです。

画像はお借りしました m( _ _)m

設計時の打ち合わせでは↑こちら、という事でコンセンサスが取れていました。

m4さんが記録を調べた所、サンワカンパニーのショールームに行った日以降、
なぜかキッチンの色がマットホワイトに変わっていたそうです。

画像はお借りしました m( _ _)m

「もしかしてサンワでキッチンを選んだ時に変更になったのか、と思ったのですが御記憶ですか?」
と聞かれたのですが、家内は元々キッチンに興味が無かった事もあり(笑)
「言われるがまま選んだから憶えてない」そうで。(^^;;


そんな調子なので「m1さん達が白でもおかしくないと仰るなら構いません」と、
家内が男気(?)を見せてくれました。(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ


「ま、こう言ってますけど、一応実際に見てから判断させて下さい」と言って電話を切りました。
で、16日に家内を連れて現場に行ってきました。




結論。むしろ白の方が良かった。(゚▽゚*)ニパッ♪

あ、写真撮り忘れた(^^;;




我が家のLDKは基本白一色なので、違和感は無いだろうと思ってはいましたが、
最初から狙ってたかのようにマッチしてました。(ノ゚∇゚)ノ

キッチンと背面収納(もちろん白)の間隔が72cmと狭いので、
木目だったら悪目立ちしていたかも、とすら思いました。(^^;;


一刻も早くm4さんを安心させてあげようと思い、即座に電話。凄く喜んでくれました。
いつも迷惑かけてるから、ちょっとは恩返し出来たかな。(^^)
ちなみにm1さんも「白なら問題無いと思う」と仰ってたそうです。



という訳で、普通のお施主さんなら大騒動になりそうな話でしたが、
我が家の場合、無風で決着しましたとさ。( ̄∇ ̄)



お楽しみいただけましたでしょうか?
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-19 03:15 | 竣工まで | Comments(4)

住宅ローン危機一髪


いや、ホントに。
あと一歩間違えてたら、月末の予定だったローンが実行されない所でした。(^^;;

建物表題登記の受領書を15日までに提出しないとローンが間に合わない、
前の記事で書きましたが、じつはもう一つリミットぎりぎりの書類がありました。


建築確認の検査済証です。


これは設計事務所マターなので、私には手の出しようがありません。

当初の予定では15日に検査を受ける事になっていました。
しかし、交付は翌日以降なので、アウトです。


この事が発覚したのが受領証騒動の前日の金曜(9日)の夜でした。
m4さんが「13日に検査機関に行って、14日に検査してもらえるよう掛け合ってきます」
と電話してきました。申請に必要な私の認め印を受け取りに、休日返上で土曜に我が家まで出向いてくれました。


しかし、月曜(12日、祝日)になって、この動きにm1さんが「待った」を掛けました。

まだ工事が完了していない段階で予定を早めてまで検査を急ぐと、
検査機関が変な勘ぐりをする可能性がある。

つまり、いわゆる二期工事を疑われる、というのです。


「住宅ローンの期限が迫っているので検査の予定を繰り上げて欲しい」と本当の事を言っても、
「検査が終わってからやりたい放題するつもりなのでは?」と邪推される、と。

それで検査が厳しくなってもツマらんでしょ、と。

まぁ、違法な箇所は無いので検査が厳しくなっても構わないんですけど、
痛くもない腹を探られるのも不愉快ですしねぇ。



でもね、ローン実行が遅れると発生するつなぎ融資の追加金利は誰が払うの?

m1さん「月が変わるのでローンの金利が下がってチャラになるかも知れませんし」
いやいやいや、ちょっと待って。裏目に出て、金利上がったら負担倍増ですやん。(笑)
てか、この先金利は上昇局面でしょう? (^^;;


でもまぁ、検査機関をいたずらに刺激するのは良くない、という意見には納得したので、
予定通り15日に検査を受けて検査済証を即日発行してらうよう働きかけるよう作戦変更しました。



当日は気が気じゃありませんでした。13時丁度にm4さんから入電。
「検査は無事に終わりましたが、検査官が事務所に戻るのが16時頃の予定で、発行が夕方ギリギリ間に合うかどうか、という所です」

夕方になっても連絡が無いのでやきもきしていたら、19時過ぎに「無事発行されました」とメール。

フィナンシャルプランナーさんも
「遅い時間になるかもしれないが、15日中になんとか間に合わせるので待って欲しい」と
銀行に掛け合ってくれて、間一髪で間に合わせる事が出来ました。



後でm4さんに聞いた所によると、確認検査自体は、
隣地境界上にある既存のブロック塀について少しやり取りがあった以外は、スムーズだったそうです。


と言う訳で、晴れて15日に書類上我が家は完成を見ました。



16日に現場に行ったら、外壁はまだ化粧張りの途中でしたが。(笑)

c0360183_04292294.jpg
画像はお借りしました m( _ _)m




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-10-17 04:32 | 竣工まで | Comments(2)