casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

私が世間知らずなのか、建築家が浮世離れしているのか


基本設計の打ち合わせをしてる頃でしたっけねぇ。こう聞かれました。
「テレビは光ですか? 契約先の指定はありますか?」


はい? ( ゚д゚)ポカーン




ちょっと何言ってるか分かんないんですけど? (@_@)

何故にケーブルテレビ前提なんですか? (@_@)
ウチは難視聴地域じゃありませんぜ? (@_@)
アンテナ立てたらタダなのに何が悲しゅうてランニングコスト掛けにゃならんのですか? (@_@)

「普通にアンテナ受信の予定ですが」と答えたら、m1さん達はかなり困惑しておられました。
アンテナを立てるのはレアケースなんだそうです。

確かにm1さんのサイトの施工例には4、5千万はしてそうな大邸宅が沢山あって
お金持ちのクライアントが多いのかも知れませんが、
それでも・・・えーっ? みんなお金払ってテレビ見てるんですか?

申し訳ないですが、ウチにはそんな余裕はございません。
アンテナ立てればタダで見れる物に、毎月お金を払うつもりは毛頭ござらんで候・・・。


と言う事で、我が家はアンテナ受信する事になったのですが、
m4さんはアンテナについては素人同然の知識しか無くて、驚きました。
ホントにココのクライアントは皆ケーブルで見てるんですね。(^^;;

コレは私も知らなかったのですが、
今時のアンテナは箱形の製品があって壁面や軒下にも付けられるんですね。

ウチもこのタイプを使う事になったのですが、なんとm4さん
これ一つでBS放送も見れると思っていたそうで・・・・・

え、パラボラも要るんですか?

はい、要りますよー。(^^;;



さらにm4さん「設置位置は東側の壁面にしようと思っています」と。

私、前の家の時に自分でパラボラアンテナを取り付けたんですが、
衛星用のパラボラアンテナは南西を向けないと受信しません。

東の壁面だと建物が邪魔で受信できませんよー。(^^;;


結局、東側の壁面に取り付けてパラボラは1m程屋根の上に出して角度を確保する事になりました。
南西の壁に付ければ屋根の上に飛び出さずに済むのに、なんで東側にするのかというと・・・・・
建物を正面(西)から見た時にアンテナが見えなくなるからだそうです。

アンテナを勧めずケーブル(光)前提で話をするのは、どうやらコレが目的のようです。(^^)



ていうか、もしかして今どき皆さんアンテナなんて使わないんですか?



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-31 05:14 | 建て方、木工事まで | Comments(13)

設計ミス騒動顛末記


設計ミスか仕様変更のせいなのか、理由はともかくとして・・・。
ガレージドアが当初の意図通りに収まらなくなってしまった、というのが前回のお話



状況をもう一度おさらいしておきますね。図面下側が屋外側です。
図面左側のピンクのマーカで囲ってある部分は外壁となり、外部から見えるようになってますが、
本当ならマーカの見付部分にドアが被さってくる設計だったので、ここは外からは見えないはずだったんです。
その理由がドアの厚みが予定より増えたしまった事にあって、私はその意匠が気に入らない、と。
何とか元の設計通りにならないのー?


意匠がおかしくなった元凶は「ドアの厚みが増えて50mmになった」事なので、
何とか薄く作る事ができないか、m4さんに素人の浅知恵を矢継ぎ早にブツけるワタクシ。


「ドアが大き過ぎて強度確保のため厚みが増えるのなら3枚引き戸を6枚にして2枚ずつ1本のレールに入れられませんか?」
「それが可能ならどんな大きなドアでも薄く作れるという事になります。無理でしょうね」


「30mmで作って中にアングルを仕込んで補強して強度を確保できませんか?」
「30mmではどう作っても強度が確保出来ない、と建具屋は言っています」


防火戸の適合仕様に『骨組を防火塗料を塗布した木材製とし、屋内面に厚さが1.2cm以上の木毛セメント板又は厚さが0.9cm以上のせっこうボードを張り、屋外面に亜鉛鉄板を張ったもの』というのがあります。鉄板ではなくこの仕様で作れませんか」
「建具屋に確認しましたが難しい、との事です」


「ガレージドア業者が木製防火戸の仕様を公開しています。これと同じ仕様で作れませんか?」
「建具屋に確認してみましたが、木でこれだけ大きな扉を作るとほぼ間違いなく反りが出るのでお勧め出来ない、との事でした」


あえなく全滅。(´;ω;`)



しかも、このやりとりを通じて、
ドア1枚が100kgを超える事が判明。
ガ━(◯Δ◯∥)━ン
そんなの一人で開け閉め出来るんだろうか・・・・・


暗澹たる気持ちの私に、m4さんがトドメを刺します。
「casagarageさんにはお伝えしませんでしたが、ここまでN建設さんと何度も何度も打ち合わせて出て来たのがこの案なんです。弊社としましてはこれ以上の案は無い、と考えております」



でも、意匠もおかしくなっちゃったし・・・・・
「意匠もおかしくならないよう変更しております」


え? ヾ( ゚∀゚)ノ゙




ここで、もう一度図面を御覧下さい。これがガレージ向かって左側。



こっちが右側。

左右対称になっているのがお分かりいただけると思います。

ピンクのマーカで塗ってある部分が外壁のカラマツ板張り部分で、茶色いマーカはドアの鉄板です。
ドアはコの字型の鉄板ドアの窪みにカラマツの板を張り込む形状になっています。

キモは左側のドアの手前、カラマツの外壁(ピンクのマーカ)で囲われている所の
見込み面に付いている30x60mmの鉄の飾り板です。

これを付ける事によって左右の意匠が揃い、
ドアの外に袖壁が付いているように見えるという視覚効果が生まれます。


意匠的に整合性が取れるならこれでもイイか、という事で了承しました。

一度破綻した意匠を違う形に変える事により、言葉は悪いですが「辻褄を合わせてしまう」。
ここらの引き出しの多さも意匠建築家の腕なんでしょうね。(嫌みではありません)
「m1さん、さすがだなぁ」と素直に思いました。



ただ、ドアがガレージの内側に入り込んで来た為に・・・・・

ガレージの有効寸法が150mm程減ったのが地味に痛いです。(´・ω・`; )
前後長側はカツカツで30cm程ずつしか余裕が無いんですよねー。


2015年7月入ってすぐの頃のお話です。



-----------------

ところで、7月28日は私の誕生日でした。
プレゼントは随時受け付けております。鍵付きコメントでメアドを教えていただければ、送り先をお知らせいたします。(笑)


私が行ってるビリヤード屋さんは誕生日は無料なので、
有休取って
開店から閉店まで
食事も取らず休憩もせず
13時間ブッ通しで
ひたすらビリヤードしてました。(^^;;
お店の人も呆れてました。(笑)

撞いている時はへっちゃらでしたが、明けて29日は
腰はパンパンだわ、肩と首筋はバリバリだわ、足はつるわで大変でした。

もはや罰ゲーム(笑)


ビリヤード13時間とか、やっぱりバカだと思います?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「アホすぐるwww」とお思いでしたら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-30 04:20 | 建て方、木工事まで | Comments(5)

もしかして設計ミス?


6月終わりのある日、いつものようにm4さんから電話がありました。
m4さんからの電話はあまり良くない話の事が多いのですが、今回のは超弩級でした。(ToT)

ガレージのドアがツラ位置に出来なくなりました。


どういう事か、サッパリ分かりませんよね。(笑)
以下の図面を御覧下さい。(^^;;


左の「バッテンが中に入った四角」は柱です。その右の厚さが85mmのヤツがガレージドアね。
元の設計ではドアが柱の手前に来て、柱を覆い隠すはずだったのです。

ドアの厚みが予定の倍以上になってしまったのが原因だとか。

ドアは準防火規定で鉄板製なのですが、強度を確保するには最低でも厚みが50mm必要だ、と。
厚くなった分、前に出せばイイのですが、支持部の強度の都合でこれ以上は前に出せない、と。
それでも(強度も何とか大丈夫なので)無理矢理前に出せなくはないらしいのですが、
そうすると外壁のモルタルの厚みが20mmしか取れなくなるので「十中八九割れます」と。


うーん、何とかならんのですか?


てか、ここをツラ位置にするのはm1さんがもの凄くこだわってた部分なんですね。
てことは、ここがツラ位置になってないとカッコ悪いんだと思うんですよ。


ていうかさ、元の設計図ではちゃんと収まってるんですよね?
「やってみたら出来ませんでした」って、それは・・・・・

設計ミス?


「いや、そういう訳じゃないです」とm4さん。(^^;;

じゃ、どういう訳なのよ・・・・・
そもそもこのドアは外注の予定でしたが、減額調整でN建設の建具屋で制作する事になりました。
外注先からはツラ位置で収まる寸法で出来ると返答がありました。
しかし、建具屋は強度が確保出来ないのでこれ以上薄くは作れない、と言っている。
という説明でした。


外注先にどうやって薄くするのか問い合わせられないんですか?
金額が折り合わないと言ってこちらから断ったので、申し訳ありませんが無理です。
だって・・・・・。


イヤアアァァ、どうしてもツラ位置にしたいんだよぉ!o(`ω´*)o



こっから、かなりジタバタするのですが、長くなってきたので続きは明日にでも。



お楽しみいただけましたでしょうか?
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-29 04:52 | 建て方、木工事まで | Comments(2)

我が家はトラブルだらけ?


最近ちょくちょくお邪魔させていただいているブロガーさんの所で、
「casagarageさんのお家もけっこうトラブル続きなので」というコメントを頂戴しました。



えっ、ウチってトラブル多いの?(゚д゚lll)
全く自覚ありません。(^^;;



だって、ウチのトラブルなんて、せいぜい
概算見積りが1200万オーバーしたのと、
減額調整したのに本見積りも900万オーバーだったのと、
すでに追加項目で100万以上増額になってるのと
地面を掘ったら陥没したのと、
基礎屋のモラルが欠如してたのと、
基礎がジャンカだらけだったのと、
一部の基礎が建築基準法違反だったのと、
基礎がキャンティレバーみたくなってたのと、
基礎が歪んでたので土台とズレたのと、
上棟式の日が台風だったのと、
あとブログには書きませんでしたが、
土台のアンカーボルト用の穴開け位置が間違っていたのと、
屋根の合わせのコーキングが3カ所入ってなかったのと、
雨に濡れた構造用合板が反ったのと、
配線屋が穴を開けてはいけない場所に穴を開けやがったのと、
どうやら竣工が遅れそうなのと、
事あるごとに家内とケンカになるのと、
えぇと、あと細かいのがいくつかあったような気もしますが・・・・・

あれ? やっぱり多いスか?(^^;;



あ、あの・・・・・参考までにお伺いしたいのですが、
これくらいのトラブルなんて、普通ですよね?(震え声)



ウチのトラブル、やっぱり多いですか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「多い」とお思いでしたら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-28 02:34 | いろいろ | Comments(4)

きれいに施工してくれた断熱材が台無し


コンセントの位置を慌てて決めさせられたのには理由があります。
断熱材の施工日に間に合わせる為です。

我が家の断熱材は熟慮の末に選んだ、現場発泡ウレタンのMOCOフォームです。
6月25日、業者さんが来て施工してくれました。

施工日は仕事だったので、次の休みに早速確認に出向きました。



仕上がりはこんな感じ。まずまずキレイに施工してくれていました。
※下の写真の下側は施工ミスではありません。下地が奥にあるので柱からハミ出ませんでした。



これは残念ながら施工ミス。金物が露出しています。
※熱橋になるので、外部に接触している金物は被う必要があります。



これもミス。ハシゴがある部分には階段が掛かります。
階段の部分は室内なのでモコフォームで断熱する必要があります。

壁の青い部分はDIYで施工したスタイロフォームですが、
左から3列はここも本来モコフォームを吹かなければならない場所でした。
※ここは後から硬質ウレタンフォーム(スタイロエース)を施工する事になりました。


他にも発泡不足で厚みが確保出来ていない箇所がいくつかありましたが、
おおむね合格点といえる施工だったと思います。




問題はこの後です。(´・△・`)







施工後の断熱材を削って配線通すとか、ありえへんやろ! ヽ(`д´;)/


こんな風に後から配線を通してる箇所が、そこらじゅう至る所にあります。(ToT)
何の為に慌ててコンセントの位置決めたと思ってるねん! (゚Д゚#)ゴルァ!!




こんな大穴開けて・・・断熱欠損って言葉、知ってます? (#゚Д゚)


私「この穴や削った部分はこのままなんですか?」
現場監督「はい、そうですが?」
私「断熱材の厚み、全然確保出来なくなってるんちゃいます?」
監督「・・・・・」
私「それじゃ困るんですけど?」
監督「補修用のスプレーで埋めときます」
私「正直、もう一回業者に来て吹いてもらいたいんですが」
監督「それはちょっと・・・・」
私「無理なら仕方無いけど、そもそも断熱材吹いてから配線やるっておかしくないですか?」
監督「いや、それは普通だと思いますよ」
※グラスウールからモコフォームに変更して本当に良かったです。断熱材への認識がこの程度でグラスウールを施工させてたらと思うと、ゾッとします。「隙間無く施工してもらえるならグラスウールでもイイかな」と考えたこともありますが、そんなの夢のまた夢だったと思います。



ていうか施工マニュアルには「施工前に配線やコンセントボックスは終わらせる」って書いてあるやん!!

・・・・・と、m4さんに愚痴ったんですが、
「確かにマニュアルには書いてありますけど、工程を考えると現実的には無理だと思います」
と言われてしまいました。



きれいに吹いてくれてたのになぁ。
精神的ダメージ、でかいです。(つД`)




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-27 04:48 | 建て方、木工事まで | Comments(2)

初めての施主施工


施主工事、というと壁塗りを家族総出で、というのをよく聞きますが、
私の場合はガレージの断熱材張り込みでした。(^^;;



ガレージの壁面は元々こんな感じの構造現しの予定でした。
しかし、防火規定で柱の間の構造用合板の上に石膏ボードを張らなければならなくなりました

ある日、現場に行ってみると柱の内側に胴縁が作られていました。


構造用合板の上に直に石膏ボードを張るのだと思っていたのですが、
ビスが防水シートを突き破る可能性があるので胴縁を作る事になったそうです。

私「この胴縁の間は空洞のままですか?」
大工さん「そうですね」
私「そしたら、ココに自分で断熱材詰めてもイイですか?」
大工さん「どうぞ、どうぞ。頑張って下さい」

と言う事で、現場監督さんに電話で許可を取って休みの日にDIYに挑戦しました。


こちら、作業前のガレージの様子。
朝、現場に付いたら大工さんが作業台を用意してくれていました。
ありがとうございます。m( _ _)m

断熱材はスタイロフォーム
ホームセンターで1枚(910x1820mm)千円チョットで売ってます。
大工さんは「10枚ってトコかな」と言うのですが、計算したら8枚でイケそうな感じ。
取りあえず8枚買って来て、作業開始です。


大工さんが、カッター用の当て木を作って用意してくれてました。
ベニアの上に構造用合板を張ってあります。合板の内側に手を置けば指を切る心配がありません。
何から何まで至れり尽くせり。痛み入ります。m( _ _)m

胴縁の隙間の大きさよりほんの少し大きく切り出して、叩き込みます。
隙間が完全な正方形ではないので、大きすぎたり、少し足りなかったり・・・。

思ってたより時間が掛かります・・・・・。(^^;;
大工さんが仕事を終えるまで作業しましたが、6割ほどしか進みませんでした。

翌日は日曜で大工さんはお休み。午後から出張って作業を続けました。




資材買い出しの時間を除いて、述べ10時間程を費やしてようやく作業完了。(^^)
最初の方に作業した所は隙間も多いですが、後の方にやった所は納得の精度です。



丸2日汗水たらして得た教訓。それは・・・
大工さんに必要以上の作業精度を求めるのはヤボという事。
自分で作業してみてそう思いました。※もちろん時と場合によります。


今回の作業、切り出す寸法が完璧なら、気持ちイイくらい「スポッ」と隙間無くハマります。
しかし寸法が合わないと、それこそ1ミリ、2ミリ大きいだけで叩き込んでもハマらなくなります。
もちろん1ミリだって小さいのは言語道断です。(隙間が出来るから)

ハメ込み作業を楽にする為に切り出しの寸法精度を高めたいのですが、
ココの精度を追い求めすぎると、切り出しに掛かる時間が飛躍的に増えます。

私は自分のペースでやれるのでタップリ時間を掛けてコンマ5ミリまで追い込みましたが、
仮に本職の大工がこれだけの作業に1日半も掛けていては、怒られるでしょう。(笑)
半日もあれば十分でしょうが、彼らといえどコンマ5ミリの精度では作業しないハズです。
「大丈夫な範囲」の精度で作業するでしょう。



一分や二分は芸者の花、というのはこういう事なんでしょう。

もちろん「全ての作業をコンマ5ミリ以下の公差でして欲しい」と言えば、やってくれるでしょう。
しかし、それだと膨大な作業時間になり、建築費もそれに比例してアップします。

要するに、非現実的だという事です。


実はずっと「大工さんの作業って結構荒っぽいなぁ」と若干不満を持っていました。
でも、この断熱材DIY以降は、あまり気にならなくなりました。(^^;;


2015年6月下旬のお話です。



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-26 06:03 | 建て方、木工事まで | Comments(2)

スイッチと照明の位置決め


建て方、木工事を進めていた5月、6月あたりは毎日といってイイ程、
m4さんと電話でやりとりしていましたっけねぇ。

そんな6月中旬のある日、m4さんから電話がありました。
「スイッチと照明の位置を決めたい。図面を送ったから確認を」という内容でした。


「来週、断熱材の施工をするので、出来れば一両日中に決めて下さい」って・・・・・


無いわー。…(・_・`)


しかも「現場の方も進んでおりますので、追加や位置の変更が施工後ですと難しくなります」とか


無いわー。…(・_・`)




ただ、スイッチ、コンセントの高さは基本的には統一されています。
基本設計の打ち合わせで使いやすい高さを実測して決定しました。

位置も打合せで大まかには決めていたので、向こうにすれば確認に過ぎないと思ったのでしょうが、
私相手にそんなサラッと済むハズもなく(笑)




翌日、家内と図面を確認して疑問点、変更要望をまとめた後、m4さんに電話。
1時間話しました。(爆)



こちらの要望と向こうの対応をまとめますと・・・・・

1)ガレージ通路にスイッチ
ガレージへは玄関ポーチ脇の通路からアクセスするのですが、
諸般の事情があって幅が500mmしか確保出来ませんでした。
その通路に玄関周りの照明のスイッチを配置する設計になっていたのですが、
狭い通路なのでスイッチが邪魔にならないか心配でした。
対応策:壁をニッチ加工してスイッチが壁面とツラ位置になるよう収容

2)リビングTV裏のコンセント
2口の設定でしたが、TVとDVDで塞がる。
他に電源が必要になった時にタップを使いたくない。
対応策:4口に増設

3)次男の部屋のダウンライト
2個の設定でしたが光量が少ないような気がする。
「部屋の隅々まで明るくしたいなら増設した方が良い」との回答。
次男に聞くと「明るい方が良い」
対応策:3個に増設

4)リビングの照明
設計段階ではダウンライト6個の設定でした。
しかし、天井を構造現しに変更した際にスポットライトに変更になりました。
「ダウンライトより単体の光量は落ちるかも」と言われていたのですが、
6個のままだったので、光量不足を心配して再考をお願いしました。
対応策:6個で問題無いと思われるが、念のため別系統で2個増設

この増設した照明はデイベッドの上に配置してもらいます。
3万円程の増額ですが、フロアスタンドが不要になるので結果的には節約になりそうです。(^^)



そして、一番問題だったのがこの図面です。



洗面室の図面なんですが、確認要って書いてるヤツ・・・・・
下に緑の文字で「これ何ですか」って書いてるけど・・・・・


こっちが聞きたい。(笑)





この図面は工務店とのやりとりに使ったもので「これ何ですか」は工務店の書き込みだそうで。(^^;;
で、この赤いヤツの正体は洗面室の照明のスイッチ、との事。


無いわー。…(・_・`)


洗面台右のドアは洗面室側に開くので、確かにココなら使い勝手はイイのでしょうが・・・・・


無いわー。…(・_・`)




使い勝手は良くてもコレでは見た目が悪すぎるので、激しくダメ出し。
不便は承知の上で蝶番側の壁に移動してもらいました。

実は今の仮住まいの洗面室のスイッチも代替案と同じく
開いたドアの裏にスイッチがあるのですが、慣れればそう不便でない事は実証済みです。(^^;;

仮住まいのヘボ設計が役に立ちました。(笑)



ていうか、いきなり連絡して来て
「今日明日で決めて下さい。決定後の変更は出来ません」というのは止めて下さい。(^^;;


ホント、お願いします。ヽ(;´Д`)ノ



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-25 04:47 | 建て方から木工事まで | Comments(1)

Arne Jacobsen BANKERS


今、ウチのリビングに掛かっている壁時計は、
義弟からの頂き物のもの凄くファンシーな掛け時計です。(^^;;


もし、これを新居のリビングで使ったら・・・・・まぁ新鮮な驚きを感じられるとは思いますがwww

いくら温和なm1さんでもさすがにキレると思われ。(笑)


と言う訳で、新しくウォールクロックを買う事が決定しました。
家内が出した条件はたった一つ。「分単位で時間が分かるデザイン」でした。



それを踏まえて、私が熟考に熟考を重ねて選んだ、渾身の時計が・・・・・
コレだぁ! (`・ω・´)ゞ





Arne Jacobsen BANKERS


画像はお借りしました m( _ _)m



家内、激ギレ。(笑)


私「いやいや、コレはバンカーズクロックと言っ・・・」
家内「黙れ」(ノ ̄皿 ̄)ノ~┻━┻
私「アルネ・ヤコブセンって言うデンマ・・・・・」
家内「時間、全然分からへんやん」(# ゚Д゚)
私「でも、カッコイイやろ?」
家内「黒い点が変。てか、時間分からへん」(ノ ̄皿 ̄)ノ~┻━┻
私「バカだなぁ、黒のドットが1時間毎にズレてい・・・・・」
家内「あぁ? 他に無いの?」(# ゚Д゚)
私「ハイ。すみません。ゴメンナサイ」



という事でしたら奥様、同じヤコブセンのローマンクロックはいかがでしょう?

画像はお借りしました m( _ _)m

家内「だから時間分かるヤツ、つってるやろ」(#゚Д゚)




でしたら、やはりヤコブセンですがステーションクロックならお気に召していただけるかと。
c0360183_03265911.jpg
画像はお借りしました m( _ _)m

家内「これこれ。最初からコレ出してよ」(^^)
私「いやぁ、コレあんまり好きじゃないのよ」
家内「でも、時間ちゃんと分かるし」
私「ウチのリビングには似合わへんと思うけどなぁ」
家内「そんなこと無いって」
私「じゃぁ、恨みっこ無しでm1さんに選んでもらう、ってのはどう?」
家内「m1さんがイイって言ったら仕方無い



という訳でm4さんにメールしてm1さんに選んでもらいました。
以下、返答です。


掛け時計に関しては、シンプルなBANKERSが良いかと考えております。


家内「m2さんにも聞いて」
m4さん「聞きました」
私「www」
家内「m3さんは?」
m4さん「同じ意見です」
私「www」


実は、m1さん達はバンカーズを選ぶだろうな、という自信が少なからずありました。


このところ、m1さん達のセンスにすっかり毒され影響を受けていると自覚しておりますので。
(`・ω・´)キリッ



2015年6月中旬のお話です。



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m



[PR]
by casagarage | 2015-07-24 05:13 | 建て方から木工事まで | Comments(2)

サッシの遮音性能


ワタクシ、こと睡眠に関しては異常なまでに神経質であると自覚しております。
睡眠以外は「普通に」神経質。(笑)

「眠れない」という事に対する恐怖心というか強迫観念が、人並み外れたレベルで強いのです。

音に弱く、人の話し声や犬の鳴き声が耳に入ると、もう気になって寝られません。
(犬以外の動物の鳴き声や工事などの機械音は、何故かへっちゃらです)

私は仕事の都合で、いつも明け方に床に就き昼過ぎまで眠っているのですが、
そんな私の天敵が軽トラの豆腐屋です。

ヤツは週に3、4回くらいのペースでやってきます。
時間は決まって、私が起きる1時間程前。


そして・・・・・

選挙カー顔負けの大音量で屋号を連呼

こんなの誰だって起きるって。(^^;;


豆腐屋はともかく、色んな外乱で目が覚めるのは日常茶飯事です。
意外な「敵」は家族で、大きな声でしゃべってる時は目が覚める事が多々あります。


なので、静かな寝室というのを上位の希望として設計に組み込んでもらいました。
2カ所ある窓のうち、外壁の窓は防音性能の高いビル用サッシを使用。
室内側の窓も防音サッシを入れてもらいました。
減額調整では毎回のように標的にされ、私は諦めたのですが家内が「絶対ダメ」と譲らず、死守する事ができました。(家内には感謝しています。ありがとう)



この室内側の防音サッシですが、上棟式の時にm1さんから
意匠を整える為に外側に木製サッシを入れ二重サッシにするという提案を受けて了承しました。

ところがコレ、私たちは木製建具+防音サッシと思っていたのですが、
実際には木製建具(防音ガラス)+インナーサッシという仕様だったのです。

インナーサッシの仕様でも防音サッシ並みの遮音性能を維持出来るのなら問題ないのですが、
m4さんは「何とも言えません」と煮え切らない返答。



これ、だいぶモメました。



意匠を大事にしたいm1さんの気持ちもよく分かります。しかし、
「見た目の為に(私の)安眠を捨てる事は出来ない」とココでも家内が頑張ってくれました。
私が寝ていてもリビングで気兼ねなく過ごしたい、という思いもあったようです。なので「外壁側の窓と同等の性能が必要」と譲りませんでした。


最終的にm1さんが「casagarageさんの意思を尊重しましょう」と折れてくれたのですが
「玄関は顔ですから」と言っていたm1さんの言葉が、ずっと引っ掛かっていました。
せっかく建築家に頼んだのだから見た目も大事にしよう、と家内を説得し、
m4さんに何かイイ落としどころは無いか、再考をお願いしました。




そして数日後返答が返ってきました。
防音性能について相当頑張って調べてくれたようです。

まず、今は「防音サッシ」というのは存在しないそうです。
今のサッシは防音性能を備えているので木造用サッシは全て「防音サッシ」なんだそうです。
そしてインナーサッシにした場合、サッシとの間の空気層に防音効果が認められるそうです。

サッシの遮音性能は「T値」という数値で現されるのですが、
各種サッシがどれだけ減音できるのか調べてくれました。

木造用サッシ(サーモス S)・・・25db
木造用サッシ + 防音ガラス・・・35db (元の設計仕様)
木造用サッシ + インナーサッシ・・・40db
木造用サッシ+ 防音ガラス+ インナーサッシ・・・50db
ビル用サッシ + 防音ガラス・・・40db (AW-1 設計仕様)※AW-1は外壁側の窓
ビル用サッシ+ インナーサッシ + 防音ガラス・・・55db
製作建具 + 防音ガラス + インナーサッシ・・・35db(上棟式提案仕様) ※想定値

インナーサッシには15db、防音ガラスには10dbの遮音性能があるので合計-25db。
木製建具の遮音性能は不明ですが、木造用サッシの半分としても12.5dbなので
-10dbは期待できるだろう、という計算のようです。


ちなみにこの窓が付く内壁の遮音性能は-30dbです。


壁と同等の遮音性能は確保できていると考えております。


m4さんからのメールの文面が誇らしげに見えました。
「数値に根拠は無いのですが」と言うものの、信用出来る数値だと思いました。
そうであれば、木建+インナーサッシ案を却下する理由はありません。


m1さんは、私たちがここまで深刻に考えていたとは思っていなかったようで
「そこまで考えておられるなら壁の仕様も再検討する必要がある」と
主寝室の内壁に防音のためグラスウールを詰めるよう設計を変更してくれました。
※工務店さんの御好意で増額無しでやってくれそうな雲行きです。それから天井裏にMOCOフォームをロハで吹いてくれました。ありがとうございます。m( _ _)m


これで豆腐屋だろうが家内の怒鳴り声だろうが安眠できるハズ。(^^)


2015年6月中旬のお話です。



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-23 05:36 | 建て方、木工事まで | Comments(4)

特に思い入れの無い椅子に7万5000円も出すの?


そういう事なんですよ。


カウホーンチェア(ジェネリック)ウォールナット/レザー張り ¥75,000-


ザ・チェアならジェネリック製品でも9万円出す気になるんですよ。
正規品で体験したあの奇跡の座り心地が手に入るかもしれない訳ですから。


でもね。
カウホーンにそこまでの思い入れは無いんですよねー。

しかもね。
チョット調べたんですが、7万5000円っつったらCH33の正規品より高いんですよ、お客さん。




え?セイキヒンヨリタカイ?




いやホント。調べるまで知りませんでした。(^^;;
で、CH33。すごく好きなんですよ。
画像はお借りしました m( _ _)m

ジェネリックのカウホーンと正規品のCH33を比べたら
42対0でCH33の圧勝でしょ?



いやいや、待て待て。
それを言うなら、座り心地が好みCH88もっと安いよ?
画像はお借りしました m( _ _)m

あー、でも両方ウォールナットの設定は無いんだよなー。
残念!


でもそう言えば、Yチェアは黒だったなぁ・・・・・




画像はお借りしました m( _ _)m

CH33。黒、あります(0゚・∀・)wktk



画像はお借りしました m( _ _)m

CH88。黒、あります(0゚・∀・)wktk
カウンターテーブルの色も似てるので、こんな取り合わせになります。カコイイ!!



Yチェアは黒で、エルボーチェアとザ・チェアはウォールナットなので、
黒、ウォルナット、黒、ウォルナットと互い違いに並べれられるし、イイんじゃないかな?


と、m4さんを通じてm1さんに聞いてもらったらOKが出ました。(´∀`)
CH88はスチールという異素材が含まれるのでCH33になりました。



という訳で、我が家のダイニングチェアは

CH24 Yチェア ブラック塗装/ブラックペーパーコード
エルボーチェア(ジェネリック) ウォールナット/ブラックレザー
CH33P ブラック塗装/ブラックレザー
ザ・チェア(ジェネリック) ウォールナット/ブラックレザー

というラインナップに変更となりました。


2015年6月中旬のお話です。



============================================



全然話が変わりますが、最後に昨日のゴルフの全英オープンの中継を見ていて笑った話を。


テレ朝の放送なので、松岡修造サンがレポータを務めていました。
当然いつもの調子で修造節全開です。優勝の行方を左右する大事なパットを迎えているのに
試合の展開とは全く無関係に「自分の感想文」を延々しゃべり続ける修造

業を煮やした解説の戸張捷さんが、修造の話を途中でブッた切って、
「松岡さん、ちょっとこのパット見ようよ」(# ゚Д゚)とバッサリ。(爆)


以後、最終組がホールアウトするまで、修造サンは殆ど(もしかしたら一言も)喋らせてもらえませんでしたとさ。(笑)


お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-22 05:11 | 建て方から木工事まで | Comments(6)