casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

補修工事が嫌い


壁紙やり直し騒動の顛末で、ちょっと書き忘れていた事があったので追記しとこうと思います。(^^;;


この文中で「家内が一番不満だった階段室の壁紙は何も改善されておりません」と書きましたが、
これは説明不足でありまして、階段室の壁紙は何も触っていない事に間違いはありませんが、
実は補修の直前になって、家内が「別にもうこのままでもエエかな、って思ってる」と言い出したのです。

理由を聞くともう、慣れたそうで。(^^;;


この時点ですでに引き渡しから半年以上が経過していた事も手伝い、
あまり気にならなくなってきた、との事。
苦渋の決断で張替えを諦めたので、そのように考えようと努めていたのかも知れませんが。


結局、時間が解決してくれたという事です。
なので、そのままにしました。しがって「何も改善されていない」という事です。(^^)

今回の我が家の話のように、
意匠等で気に入らない部分があっても時間の経過とともに許容出来るようになる
というのはあり得る話だと思います。



結局階段室を触らなかったのには、もう一つ大きな理由があります。
それは・・・


補修工事が嫌い。


私は気にならないんですがね、家内は嫌なんです。補修工事。


極端な人見知りなので他人を家に入れるのが嫌というのもありますが、
補修工事って、例えば壁紙だったら壁紙を剥がしますよね?


あれは彼女にとっては

家を壊されている

という行為に他ならないのだそうです。



前にも書いた例えですが、彼女にとって新築の家というのは自動の新車と同じ感覚なんですね。
キズ一つ無い完全無欠なピカピカの状態で引き渡されるのが当たり前。


という考え方なので、壁紙を剥がしたり、補修作業で新築の家を「キズもの」にされるのが
我慢ならないんだそうです。ドアが反ってすったもんだした時も

調整の為に削ったり穴を広げる事を極端に嫌がっていました。


もちろん、建前としては補修等不必要なほど最初からキッチリ仕上げてくれているはずなのですが、
高度に品質管理されている自動車やHM(一概にそうとは言えないらしいですが)とは違います。


ただ、家内はその辺の考え方が非常に厳格で「プロとして当たり前」と完璧な作業を求めます。
原則論で言えばもちろんそうなんだけど「水清ければ魚住まず」とも言うじゃない?
というのは一切通用しません。(^^;;



そうならないようにするにはm1さんにも言われたように、高くても良い職人さんを入れるのが一番の近道。
あるいは職人さんにキッチリ仕事してもらうよう施主が目を光らせる、しかないと思います。


ただ、今は新築ラッシュなのでそれも難しいと思います。

今は現場が沢山あるので腕のいい職人さんは引っ張りだこでしょう。
そうなると、時間に追われますから効率を優先せざるを得ません。

特に内装などは最後の最後に施工しますから、
そうでなくても工程はタイトになる事が多いと思います。

と、いう事は必然的に・・・・・。


私は仕事の都合でクロスの作業は殆ど見る事が出来ませんでした。
今となっては非常に悔やまれます。

今、この記事を御覧頂いている皆さんが、現在建築中なら
多少無理をしてでも現場に足を運ぶ事をお勧めいたします。

そして、「ちゃんとやってください!」と言うのではなく、
職人さんと仲良くなって下さい。
それが職人さんにキチンと仕事してもらう一番の方法だと思います。




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-10-28 03:51 | 住んでから | Comments(2)

1億円の車


先週、帰省しました。で、何をやってたかと言うと・・・・・


建築家と遊んできました(*゚▽゚)ノ


私の趣味はクルマだというのはこのブログでもチラチラと触れてきました。

前から一度エントリーしてみたいと思っていたあるイベントにm1さんが毎年参加していると聞いて
「じゃ、今年は一緒に出ましょう」という事になったんです。(^^)

竣工後も建築家と交流がある、というお施主さんは少なくないと思いますが、
こういうパターンは珍しいんじゃないかな。(^^)


イベントの内容は
ちょっと珍しいクルマを集めてダベって、ツーリングして、飯食って・・・ていう感じ。
家ブログでそこを詳しく書いても仕方無いので端折ります。(^^;;

c0360183_03090668.jpg

こちら、m1さんの愛車。Porsche 914 2.0でございます。
なんでも昔、設計した住宅のお施主さんからいただいたんだとか。

そのお施主さんがこのイベントの関係者らしく、その縁で毎年エントリーしているとの事でした。

ナビにはm3さん。
お二人に会うのは竣工引き渡しのとき以来ですから、約1年ぶりです。


車のイベントなのに家の話しかしない3人www


他のエントラントの目には相当奇異に映っていたことでしょう。(笑)

私(や他のエントラント)のようなクルマ廃人とは違って、
m1さん達はあまりクルマに興味が無いので仕方ないトコロではありますが。

そんな感じですので、他にクルマ関係の友人が何人かエントリーしていましたが、
あえて紹介しませんでした。(笑)



ま、家の話って言っても大した話はしてないんですがね。

アシスタントとして大活躍してくれたm4さんが来春に独立する事になったとか、
彼はm1さんの所に来て最初の施主が私だったらしいですが「いい勉強になったと思いますよ」と
さりげに私がディスられたりとか、
関西は建築家同士の横の繋がりが強く、建築家に内緒で二股かけて依頼しても大抵はバレている、とか・・・


一つ真面目に聞いたのは、仕上げのレベルの話です。

一連の壁紙の話もそうですが、クロスやコーキングの始末、造作家具の細部の仕上げ、
塗装のフィニッシュ等々、細かい所がイマイチ雑に感じるんですよね、ウチの工務店さん。

SMZさんやあさきちさん達とも一度そんな話になった事があって、
皆さん「ウチもそうですよ」と仰るので、そういうモンなんだろうと納得してはいたのですが、
ぶっちゃけどうなんですか? と。

返答はこうでした。

「壁紙に関しては非常に施工が難しい物を敢えて使っているので難しい部分もあります。もちろん名人クラスの職人ばかりを集めてやってくれる工務店もありますが、そうなると建築コストがべらぼうになります。あるいは既製品を使えば解決する部分もありますが、あまり多いと建売りのようになってしまう。注文住宅はその辺の兼ね合いをどうするか、という事ですね」



結論。世の中、金(爆)



そういえば、概算見積りを出す時に「この工務店は良心的な料金でやってくれます」
ってm1さん達が言ってなぁ。(遠い目)



あ、そうそう。
題名の「1億円のクルマ」の事をすっかり忘れておりました。

ウソじゃありませんよ。こちらです、どうぞー。

c0360183_03100437.jpg

このイベントの参加車両の中で一番高いクルマです。Lamborghini Miura
この数年でこの手の車の価格が欧米で暴騰しましてあっという間に1億オーバー。
10年前なら3500万くらいだったんですがねぇ。(笑)

c0360183_04110760.jpg

どうです、この美しさ。
ちなみに奥にチラっと写っている黒いのも同じ車です。2台で2億オーバー。(笑)

欧州ヒストリックカー相場は今年に入ったくらいから落ち着きだしたと聞いていますが、
それでも私の車が4、50台買えてしまいます。(^^;;


c0360183_03093394.jpg
1億するスーパーカーの傍らではこんな3輪車も走っておりました。
画像を見てピンと来た人もおられるかも知れませんが、この会場、実は自動車教習所です。



この教習所が中々でして、ロビーには名作椅子がズラリ。オーナーさんが好きなんでしょうね。


入ってすぐのテーブルにはパントンチェアがペアで。
反対側にはセブンチェアが山ほど。


奥のテーブルにはオーガニックチェア。10脚近くあるんだけど・・・。


オーガニックチェアに座って一人悦に入っていると、クルマ関係の友達がやってきました。
友「何してんの?」
私「これ、有名な椅子なんです。初めて見たので満喫中」
友「高いの?」
私「すげぇ高いです」
友「7、8万?」

倍以上するって言ったら目を丸くしてました。で、彼もしばらく座ってました。(笑)



ロビーの椅子を見てテンションが上がってたのは、100人以上のエントラントの中でも私だけだったと思います。(爆)

c0360183_03092098.jpg




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-10-16 03:28 | いろいろ | Comments(4)