casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

タグ:トラブル ( 31 ) タグの人気記事

【入居1年】板張りの外壁が反ってきた


引き渡しから1年が経とうかという先月中旬、家内から連絡がありました。


物干し台がグラついてるねんけど


c0360183_03440036.jpg

こちら、一緒に送られてきた画像です。
我が家の物干し台はscaleさんのブログで話題になった、よくあるホスクリーンタイプの物です。


それを南側の外壁にビス止めしてあります。
で、それがグラグラになった、という事らしいです。
上側のビスが緩んでいたので自分で締めたけど、締りきらないらしい。

写真を見てお分かりいただけるかと思いますが、物干台を取り付けている壁面は板張りです。
材はノコ挽き仕上げのカラマツ。

そう、引き渡し前から反っていた、そして住み始めて2週間で鍵が閉まらなくなった(笑)
あの玄関ドアと同じ材です。


察するに、壁のカラマツが反ってビスをネジ山ごど持ち上げてしまったんでしょうね。
だから増締めしても締らない・・・・・。

私はしばらく大阪に帰る予定が無く、かと言って物干が使えないままでは困るので
工務店さんに来て直してもらいました。以下、立ち会った家内からの作業手順の報告です。

1)カラマツの反りによって浮いたコーキングを補修
2)反って浮いたカラマツをネジ釘(コースレッドの事か?)で再固定
3)物干固定用のビスを長い物に取り替えて固定

という訳で、無事に物干が使えるようになったとの事でした。


ところで、外壁に長いビスを打ち込むという事は、
防水透湿シートまでブチ抜く可能性もあるのでそこが心配になったのですが、m4さんによれば
「外壁に直接ビスを打つ作業自体は一般的です。防水シートに穴が空く場合もあるが大きな影響は無いと思われます」との事。

うーん、そうなの? と思わんでも無いが、もうやってしまったものは仕方無い。(^^;;
悪影響は何も無いと信じる事にします。(笑)

ちなみにこのカラマツの外壁は美装の為の外壁で、美観以外の機能は一切無く、
この下にあるモルタルの壁が構造的な外壁となっています。

なので、反って隙間が出来たり、コーキング(これも防水機能ではなく美装の為に施してあります)が浮いても問題はありません。



という訳で、結論。


カラマツを外壁に使うと半端無く反ります。


そりゃぁもう、ドアの鍵が閉まらなくなる程
あるいはビスをネジ山ごと持って行ってしまう程のパワーです。

ご使用を検討しておられる方がお出ででしたら、予めよく考慮される事をお勧めします。


ガレージのドアに貼ってあるカラマツもかなり反ってました。
ガレージのドアは1枚100kg以上ある鉄板がベースなので、ビクともしてませんでしたが。(笑)



Read more
[PR]
by casagarage | 2016-11-24 02:58 | 住んでから | Comments(6)

設計ミスの後始末


夏になる前に設計ミスで網戸が役に立たなかった、という記事をアップしました。


この問題は解決したのか?

と、心配して下さった読者の方がおられまして。
心のこもったコメントを頂戴いたしましたので、顛末を記しておこうと思います。


状況は上記リンク先の記事でご確認いただくとして・・・・・

電話で相談した際には、設計サイドも工務店側も「モヘアを貼って対処」と主張していました。
「状況から判断するにどうやってもモヘアでは対処出来ない」と私が言っても「大丈夫」と断言。
「イケるっつーんなら、取りあえず来てやってみてよ。絶対無理だから」という事で、
夏も近づいてきたある日、現場監督さんにご足労願いました。


やる気マンマンでモヘアを持ってきた監督さん、現場を見るなり「あ、コレは無理ですわ」。


だから最初からそない言うとるやんけー ( ゚Д゚)ゴルァ!!


と、キレたい気持ちをグッと堪え「でしょ?」(゚▽゚o)ニコッ
と、大人の対応。(笑)


で、どないします?
と聞きますが、返事無し。

要するに対処法が思いつかないんですな。
うんうん、分かります。僕ももの凄く考えたけど、何にも思い浮かばなかったもの。


「設計ミス発覚」の記事に書いた通り、プリーツ網戸はサッシ手前に立てた飾り柱に仕込んでいて、
(コストカットの為に)引き違いサッシの片側にしか付いていません。

理想型は両方の窓にプリーツ網戸を入れてもらう事ですが、
そうすると、飾り柱や窓枠の手前の板(なんて名前?)を削る必要が出てきます。
でも、それやると家内が悲しむんですよねー。
彼女にとって「補修工事=家を壊される」という認識なので。


もちろん費用もかなり嵩むでしょうし、それは我が家も工務店も設計事務所も望まない。(笑)
という事で、3者の思惑が重なりプリーツ網戸増設案が俎上に上る事はありませんでした。(^^;;





で、どうしたかというと・・・・・





c0360183_03434570.jpg

じゃん。


外付け網戸!(´・д・`)
一番安易な方法ですな。(^^;;



これは家内の提案です。
家内「普通の網戸は付けられないんですか?」
監督「レールが付いてたら大丈夫なんですが・・・あっ、レールありますね」
家内「じゃ、それで」


m1さんは、これ付けたくなかったんだそうです。
意匠的によろしくないですから。それは僕も同意見。

家内的にもホントは外付けの網戸は避けたかったんだそうです。
夜に電気を点けた時に、外から室内が見えやすくなるから。

という訳で、これまた3者の思惑が一致して、
季節外は網戸を外すという条件で、外付け網戸を採用する事になりました。
作業をするのは・・・ワタクシです。Σ(・∀・|||)ゲッ!!




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-11-05 05:13 | 住んでから | Comments(2)

補修工事が嫌い


壁紙やり直し騒動の顛末で、ちょっと書き忘れていた事があったので追記しとこうと思います。(^^;;


この文中で「家内が一番不満だった階段室の壁紙は何も改善されておりません」と書きましたが、
これは説明不足でありまして、階段室の壁紙は何も触っていない事に間違いはありませんが、
実は補修の直前になって、家内が「別にもうこのままでもエエかな、って思ってる」と言い出したのです。

理由を聞くともう、慣れたそうで。(^^;;


この時点ですでに引き渡しから半年以上が経過していた事も手伝い、
あまり気にならなくなってきた、との事。
苦渋の決断で張替えを諦めたので、そのように考えようと努めていたのかも知れませんが。


結局、時間が解決してくれたという事です。
なので、そのままにしました。しがって「何も改善されていない」という事です。(^^)

今回の我が家の話のように、
意匠等で気に入らない部分があっても時間の経過とともに許容出来るようになる
というのはあり得る話だと思います。



結局階段室を触らなかったのには、もう一つ大きな理由があります。
それは・・・


補修工事が嫌い。


私は気にならないんですがね、家内は嫌なんです。補修工事。


極端な人見知りなので他人を家に入れるのが嫌というのもありますが、
補修工事って、例えば壁紙だったら壁紙を剥がしますよね?


あれは彼女にとっては

家を壊されている

という行為に他ならないのだそうです。



前にも書いた例えですが、彼女にとって新築の家というのは自動の新車と同じ感覚なんですね。
キズ一つ無い完全無欠なピカピカの状態で引き渡されるのが当たり前。


という考え方なので、壁紙を剥がしたり、補修作業で新築の家を「キズもの」にされるのが
我慢ならないんだそうです。ドアが反ってすったもんだした時も

調整の為に削ったり穴を広げる事を極端に嫌がっていました。


もちろん、建前としては補修等不必要なほど最初からキッチリ仕上げてくれているはずなのですが、
高度に品質管理されている自動車やHM(一概にそうとは言えないらしいですが)とは違います。


ただ、家内はその辺の考え方が非常に厳格で「プロとして当たり前」と完璧な作業を求めます。
原則論で言えばもちろんそうなんだけど「水清ければ魚住まず」とも言うじゃない?
というのは一切通用しません。(^^;;



そうならないようにするにはm1さんにも言われたように、高くても良い職人さんを入れるのが一番の近道。
あるいは職人さんにキッチリ仕事してもらうよう施主が目を光らせる、しかないと思います。


ただ、今は新築ラッシュなのでそれも難しいと思います。

今は現場が沢山あるので腕のいい職人さんは引っ張りだこでしょう。
そうなると、時間に追われますから効率を優先せざるを得ません。

特に内装などは最後の最後に施工しますから、
そうでなくても工程はタイトになる事が多いと思います。

と、いう事は必然的に・・・・・。


私は仕事の都合でクロスの作業は殆ど見る事が出来ませんでした。
今となっては非常に悔やまれます。

今、この記事を御覧頂いている皆さんが、現在建築中なら
多少無理をしてでも現場に足を運ぶ事をお勧めいたします。

そして、「ちゃんとやってください!」と言うのではなく、
職人さんと仲良くなって下さい。
それが職人さんにキチンと仕事してもらう一番の方法だと思います。




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-10-28 03:51 | 住んでから | Comments(2)

建築家のエゴ


トイレの一面がアヴァンギャルドになって、一応の収束を見た我が家の壁紙問題。


しかし・・・


家内が一番不満だった階段室の壁紙は何も改善されておりません。

そもそもの発端となったリビングのスイッチ周りの不陸と、家じゅうの出隅にあった壁紙の浮きは修正済みです。(^^)



まぁ、そこはこちらも「このままでイイ」と(仕方無くとはいえ)了承したので、
今となってはわだかまりはありませんが、現場監督さんと話していてチョット見えてきた事があるので
何かの参考になるかもしれないと思い、書き記しておきます。


そもそも、このクレームからやり直しに至る一連の流れは
竣工時の施主検査の時に行われてしかるべきでした。

不陸、テカリを始めとする壁紙の仕上がりに対する不満(以下、不具合と記します)は
かなり早い段階で気付いて指摘していました。
※上記の不陸やテカリなどの「不具合」は、光線が特定の当たり方をした場合「のみ」に出現するもので、普段は非常に美しい状態を保っています。

しかし、現場監督もm4さんも「この壁紙の場合、これは仕方無い」というスタンスで、
これは最後まで(今でも)変わりませんでした。

そういう事情もあって、施主検査でも改めてm1さん(建築家)に指摘をしましたが、
スルーされました。

それでも気に入らないのだから、引き渡しを拒否してやり直してもらうべきだったのかもしれません。

しかし、施主検査で指摘したにも関わらず、施主サイドに立脚している建築家(m1さん)すら
「こういうモンです」と言わんばかりの態度だったので、
この不具合は施主が受忍する範囲内なのだと、私たちは思ったのです。

ましてや我々は初めての家づくり、ですからこの辺のサジ加減は全く分かりませんでした。
そういった事情もあり、渋々ながら引き渡しを受けた、という経緯があります。
でも最終的に我慢出来ず、後になって補修するハメになった事については申し訳なく思っております。



ここからが、本題です。




Read more
[PR]
by casagarage | 2016-09-21 02:26 | いろいろ | Comments(17)

【全面張り替えも辞さず】壁紙クレーム【その3】


続きです。

取りあえず壁紙を何とかする方向でコンセンサスを得たので、
現場監督さん、職人さん、m4さんに来てもらいました。

c0360183_03002694.jpg

家内が一番気に入らなかった階段室。
前夜に「とにかく少しでも気に入らない部分にマスキングテープを貼って」
と言ったら、こんな状態に。(笑)

3割程が異物混入の凸と下地の不陸。そして残りの大部分が糊跡(?)のテカリです。
やっかいなのは、昼間の光では殆ど認識出来ない事。
夜、電気を付けると確かに凄く目立つのですが、確認に来るのは昼なので伝わりにくいのです。


訪問直後にこの光景を見せられて息を飲む御一行。(笑)


以前からどうも「気に入らないトコをチョイチョイっと補修すりゃイイんでしょ」
くらいに考えてた節があったようですが、これを見て考えを改めたようです。
というか、家内が気に病んでいたという事を、ここにきてようやく理解してくれたように感じました。

これだけの面積ですから、当然部分補修なんて不可能。やるなら全面張り替え一択です。
同じクロスだとさらに悪化する事はあっても改善はしないとの事なので、
やるなら厚みのある普通のクロスに変更する事になります。

来てもらう前は(費用と相談しながらですが)丸ごと張り替えてもらう事を視野に入れていましたが、
結論は一旦置いといて、リビングに移動しました。



リビングを全面張り替え、なんてのは余りにも非現実的だというのはさすがに理解しているので(笑)
こちらはどうしても我慢出来ないニッチ状のスイッチ周り(弟嫁に最初に指摘された因縁の場所)の不陸と、出隅部分の十指に届こうかというクロス浮きの補修を頼むつもりでした。

しかしスイッチ周りの補修には難色を示されました。

手順としては、不陸のある部分を剥がして新しいクロスを突き合わせで貼るのですが、
一旦剥がした箇所に新品のクロスを貼ると、厚みに微妙な差が出るので悪目立ちする、というのです。

という訳で、これまたペンディング。


続いてトイレです。
まずは画像を御覧下さい。

c0360183_00535839.jpg

丁度「座った」ところから撮った写真です。
で、不具合なんですが・・・・・

c0360183_00540734.jpg

これです。
スイッチを横切るように不陸がスーッと横一線に。orz
写真に写るという事はクッキリした不陸という事で、これは昼間でもハッキリ見えます。

また場所が最悪で、座った正面なので否が応にも目に飛び込んでくるのです。
側面の壁なら我慢したと思いますが、これはさすがの僕も気になって仕方ありません。(笑)

という訳で、ココはこの面一枚全部張り替える事にしました。
ここは入隅で突き合わせでブッタ切れるので、比較的補修しやすいという計算もあります。


で、ココを張り替えるという事は、当然この面のクロスは剥がすという事なんですが、
これには一つ大きなメリットがあって、この剥がしたクロスを再利用すると、
リビングのスイッチ周りも段差が(ほぼ)無しで補修出来る、んだそうな。

という訳でリビングのスイッチ周りも補修する事が確定。
クロス浮きは人目につかない寝室(にも沢山ある)で一度補修して、
補修跡が気にならないレベルならリビングも補修する、という事になりました。



あとは階段室をどうするか・・・・・。



厚い壁紙で張り替えれば、不陸は気にならないレベルで仕上げてもらえます。
しかしm4さんによれば、厚いクロスを使うと一気に建て売り感満載になってしまう、との事。

それでも家内の精神衛生の方が大事なので、私の気持ちは張り替えに傾いていました。
玄関ホールとの見切りが変になりそうだけど、それは止む無し。

という訳で
「建売りっぽくなっても階段ホールだけだし、張り替えてもイイと思うよ。あなたが満足出来る形にしよう」と、判断を家内に一任しました。




で、家内の出した結論は・・・・・




まさかの現状維持 Σ(・ω・ノ)ノ!




もちろん不陸やテカリは我慢ならないし泣きたくなるほど嫌なんだけど、
それ以上に今の雰囲気が壊れる事の方が嫌なんだそうな。


折角建築家に頼んで家を建てたのだから、そこは大事にしたい・・・と。


という訳で、張り替えはトイレの一面のみ。
リビングはスイッチ周りと出隅のクロス浮き(多数w)、
階段室は1カ所あった切れのみ補修という事になりました。




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-08-07 02:28 | 住んでから | Comments(10)

【家内爆発】壁紙クレーム【その2】



私、何千万もお金払ってなんでこんなに我慢せなアカンのですか



弟嫁に壁紙の不具合を次々と指摘される、という事件以降、すっかりふさぎ込んでしまった家内。
施工側からすれば正常な範囲内なのでしょうが、彼女の心情的には「不具合」でやり直して欲しそう・・・。

でも、これは住み始めてから出てきた不具合ではなく、納得はしていなくとも
このような状態を認識した上で引き渡しを受けた以上、我々にクレームを言う権利はありません。
なので、家内の気持ちは承知の上で「やり直してもらいたい」という意見は黙殺していました。


ですが家内の表情は日に日に曇りを増していきます。
掃除をする度に新しい不具合を見つけてしまうから「掃除もしたくない」と言い出すのを見て、
家内の精神状態が限界に近い事を悟り、禁を破ってm4さんに連絡を入れました。


本来、やり直しを要求出来る立場ではない事は承知していたので
「費用はこちらで持つので、壁紙を張り替える見積りを出して欲しい」とお願いしました。


ですが、返答は期待していた物とは違っていました。


1)張り替える事によって却って状態が悪化する可能性が高いのでお勧め出来ません
これは工務店からの返答です。壁紙を剥がす時に石膏ボードの表面(紙)も剥がれるので
下地の状態が更に悪化し、それが仕上がりに悪影響を与える、との事

2)1を回避するには厚い壁紙にするしかないが質感がチープになるのでお勧め出来ません
そら、建築家はそう言うわな(笑)



という及び腰の両者を翻意させたのが、冒頭に書いた家内の魂の叫びでした。
家内が気持ちを伝えた翌日、「費用の件は別にして、改めてお話をさせて下さい」と連絡がありました。

「施主検査で確認の上、引き渡し済みなので」の1点張りで断る事も出来る立場なのに、
施主の気持ちを汲んで話し合いに応じてくれた工務店と設計事務所には感謝の言葉もありませんでした。



まだ続く


お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-07-28 02:06 | 住んでから | Comments(4)

【事件発生】壁紙クレーム【その1】


我が家の壁紙にはハッキリとした長所と短所があります。

まず長所。
仕上がりの質感が非常に高く、塗り壁の様に見えます。目の肥えた家屋調査員を騙せる程です。(笑)

そして短所。
施工が難しく、ミスに対する許容範囲が狭い。また光の当たり具合で不陸が非常に目立つ


これは両方とも我が家が選んだ壁紙の性質による物です。
我が家で使用しているクロスは高い物ではないのですが、非常に薄い製品なのだそうです。
現場監督さんによれば、納品されたロールの太さが通常の製品より断然細いんだそうな。

薄いと塗り壁のように仕上がる理屈は分かりませんが、兎に角そうなるそうです。(^^;;

ただしその薄さ故、パテ屑やホコリなどの異物を巻き込むとすぐにプクッと膨らみます
我が家のクロスはこの異物混入の膨らみが物凄く沢山あるのですが、
コレ貼ってる最中は分からないそうで、糊が乾くと浮き出てくるのだそうです。

コレ、職人がヘボなのではなく、誰がやっても多かれ少なかれ異物は混入するそうです。
ただ、普通の厚みのあるクロスなら、その厚み分で吸収するので表には影響が出ないのですが
薄いと全部見えてしまうのだとか・・・・・。


(そんなの後出しジャンケンで言われても困るんですが・・・・・)


何だか釈然としない、モヤモヤした気分のまま引き渡しを受けたのですが、
住み始めて数週間後に事件が起きました。



え〜、ワタクシその日は暢気にクルマのイベントで長野に出掛けておりました。
そんな中、私の母と弟夫婦と姪っ子ちゃんが新築祝いを持ってきてくれたのです。

「わぁ、すごーい」「キレー」と、最初はみんな大絶賛だったのですが、
ある時、リビングのスイッチを見た弟の奥さん(以下弟嫁)が
「あれ?これ壁紙おかしい?」と、不具合に気付きました。

そこから一気にアラ探しモードに突入した弟嫁。
「あ、ココも」「あ、あそこも」と次々に壁紙の不具合を指摘し続けたそうです。
さすがに拙いと思った弟が脇を小突くまで延々と・・・・・。

ここだけ読むと弟の奥さんメッチャ性格悪く見えますが、実際はすごく性格の良い、弟には過ぎた奥さんです。
嫌みでやってる訳じゃなくて、全く悪気無く思った事を口にしただけだと思います。これは家内がそう言っていました。



家内はね、引き渡しのときからずっとモヤモヤを溜め込んでいたんです。
彼女の中では、質感という長所より不具合が目立つと言う短所の方が大きかったのです。
本当はやり直して欲しかったけど受け入れてもらえず、何とか気持ちを誤魔化していたんです。

でも、この一件で気持ちが完全に切れてしまったようで、「もう誰にも家を見て欲しくない」と。
泣きこそしませんでしたが、泣きたいくらい悲しかったと思います。


この後すぐ、(事件が起こる前に約束していたので)仲の良いママ友2人を招待したのですが、
「また同じ事言われたらどうしよう」という心配が先に立ってしまい、話もそこそこにお引き取りいただいたそうです。



新築した家を仲の良い人にお披露目する・・・・・
それって家を建てて一番幸せな瞬間の一つじゃないですか。
その機会を与えてあげられなかった事が切なくてねぇ・・・・・



続く



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-07-16 04:29 | 住んでから | Comments(10)

設計ミス発覚 ((( ;゚д゚)))


ハイ、もうタイトルの通りでございます。(ノ△・。)


2階リビングがすげー暑いので換気が重要なんだけど訳あって換気が出来ないって話の続きです。
まず前提として、ウチのリビングの換気はもっぱら窓に頼っております。
よく考えたら換気口が付いているので換気が全く出来ない訳じゃない事に今気付きました。(^^;;


我が家のリビングは建築家m1さんこだわりの意匠で、
サッシの窓枠を見せない為に、サッシの窓枠の手前に飾り柱を立てています。
で、プリーツ網戸をその飾り柱に仕込んであります。

c0360183_02393169.jpg

こんな感じね。


で、窓を開けて換気してたんですが、家内が言う訳です。
「プリーツ網戸はアカンわ。隙間があるみたいで結構虫が家の中に入ってくるねん」
そうなのか、と思ってたんですが、網戸の無い方の柱とサッシを見て仰天しました。


c0360183_02392211.jpg

1枚目の写真の反対側です。写っている柱の真裏に網戸が付いてます。
ドコが悪いか分かります?


c0360183_02394427.jpg

アホほど隙間あいとるがな (゚皿゚メ)



そら、蚊も入り放題やで。


こっち側の柱には網戸は付いてないので、フリーパス状態でした。
さすがにm4さんに電話でクレーム。

私「ご無沙汰してます。設計ミスが発覚しました」
4「えっ?」
私「リビングの網戸の構造覚えてはります?」
4「はい」
私「飾り柱とサッシの間に隙間があるから、虫入り放題なんスけど」
4「あ、・・・・・」

c0360183_02395319.jpg

とりあえずサッシと飾り柱の隙間にスポンジマットを詰めて凌いでますが、
この窓以外は窓の手前にある造作収納が邪魔になって脚立を使っても上まで手が届かず、
スポンジを詰められないので開けられない状態。


m4さんは「早急に対策を考えます」とは言うものの、妙案はありません


柱の裏にモヘアを貼って隙間を埋めれば問題無い、と軽く考えていたようですが、
それでは隙間が広すぎて埋まりません。

窓側にも貼れば問題無いと言ってますが、窓の持ち手に貼るんですか?
閉めてる時、チョー格好悪いんだけど?
それにその案だと窓は全開と全閉の2択になるんだけど?

さて、どうしたものか。
現時点で解決策は提示されておりません。・゚・(ノД`;)・゚・



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-06-20 02:51 | 住んでから | Comments(14)

玄関ドア無償交換


3月2日、でしたかね。
ヒン曲がってしまった玄関ドアを交換してもらいました。
工務店さんの方から交換させて欲しいと申し出て下さった案件なので、費用は無償であります。


ドアの上も・・・・・
c0360183_03400253.jpg

下も・・・・・

c0360183_03401052.jpg

ピシッと収まっております。こうでなくっちゃ。
当たり前の事なんですがwww



c0360183_02525539.jpg

なんせ、前はコレですから。(笑)






しかし、悲しいかな・・・・・



c0360183_03395305.jpg

色が全然違うとか ∑( ̄皿 ̄;;



当然ですが、塗料は同じなんですよ、これでも。(^^;;
材の違いでこれだけ色に差が出るとは・・・・・orz

なんだろう、塗料の吸い込み方の違いとかそんなんなんですかね?
ここまで違うというのは大誤算でした。


「ピッタリ合わせるのは無理」と言われていた板の継ぎ目のラインは
かなり高いレベルで合わせてくれたので感謝してますが、にしても、この違和感。(´Д`|||)


c0360183_03401970.jpg

使用した木材は反りを抑える為に実績のある材を、という事でベイマツのピーラー材。
ピーラーというのは目の詰んだ米松の事で、大層な高級材なんだそうな。

工務店さんはやたらと「ピーラーですから」とアピールしてましたが、
私ら、ここにそういうのは求めてませんから・・・ (´・Д・)」



安い材でも、そりゃぁ元の方がイイに決まってます。
c0360183_04471775.jpg

あーあ、こっちに戻したいなぁ。


質感が全く変わってしまっただけでもストレスなのに、色までここまで変わってしまうと
もう台無し感MAXですわ。(泣)



ただ、良い事もあって
鍵はちゃんと閉まるし(ちょっとコツがいるけど)隙間もありません(ちょっとアルけど)。


当たり前の事がナゼこんなに嬉しいんですかね?(笑)




まぁ、家内は大喜びしてるのでヨシとしときましょう。(゚▽゚*)






お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-03-23 13:19 | 引き渡し後 | Comments(0)

玄関ドア、涙の交換



我が家(というか私)自慢のカラ松鋸引き造作玄関ドアですが、
竣工前からすでに反りが出ており、住み始めてわずか2週間で鍵が閉まらなくなった難物です。(^^;;

鍵を閉められるように調整して様子を見ていたのですが、その後も歪みは進行し、
1月中旬に、またも鍵が閉まらなくなってしまいました。(@_@)


改めてドアを見てみると「よくぞココまで」と呆れるほど反り返ってました。(ToT)


c0360183_02530373.jpg
ドア上部はまとも。この収まりが正解です。

c0360183_02524445.jpg
ドアハンドル付近。
閉まってる状態でコレですよ。そりゃ、鍵なんて掛かんないよね。(^^;;


c0360183_02523572.jpg
車で言う所の半ドア状態。
下に行くに連れて、どんどん反りは酷くなって行きます。


c0360183_02525539.jpg
最下部は悲惨な状況。
もう少し反りが進行すると、ドアと壁の間に隙間が出来ます。

繰り返しますが、これで閉まっている状態です。
もう笑いしか出てこないんですが・・・・・( ゚∀゚)アハハハ八八八ノ ヽノ ヽノ ヽ



歪みきるトコまで歪ませるテストをしていたドアはというと、しばらくは安定していたものの、
年明けに冷え込んだ辺りからまた動き始めたという事で、やはり気温変化には弱そうです。

建具屋の社長さんは「梅雨や暑くなる頃にはまた動くだろう」との見立てで、
「反りが出にくい材で作り直させてもらえませんか」と言います。

現場監督さんからは作り直す場合は杉の竪張りと聞いていましたが、
社長さんによれば「横張りでもイケます」との事。なので何となく似た形には出来そうです。

材は杉、レッドシダー、ピーラー等の名が挙がりました。
しかし、意匠的な事を考えると材が変わってしまうのは残念でなりません。



しかし、鍵が閉まらないのはさすがに拙い。(爆)



m1さんも、状況が状況なのでココで意匠を優先させては本末転倒、というスタンスだそうで。
さすがの私もロック出来ないのに「見た目が(ry」とは言えず、涙を飲んでドア交換を受け入れました。



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2016-02-13 04:00 | 引き渡し後 | Comments(6)