casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

タグ:断熱材 ( 8 ) タグの人気記事

暖かいリビングの4条件 (*゚▽゚*)~♪


半年程前に、2階リビングのデメリットとして「夏、暑い」と書きました。


そして半年後、そのデメリットはそのまま長所として生きてきました。
タイトルにも書いた通り、冬でも暖かいというメリットに反転するのです。

その理由として思い当たるのが以下の4つです。



あったかリビング4条件【その1】 2階リビング

「上は大火事下は大水、これな〜んだ」というナゾナゾそのままです。
ていうか、もしかして若い人は答え分かんない?(汗)
暖かい空気は2階に上がってきますから、必然的に暖かくなります。

なんせ夏場は1階と2階の温度差が5度あった時もあるくらいですから・・・。
これが我が家のリビングが暖かい大前提だと思います。



あったかリビング4条件【その2】 床が石材

我が家のリビングの床はライムストーンで厚みは15mmあります。
タイルに比べ厚さのある天然石なので蓄熱性が高いであろう事は容易に想像出来ます。

我が家はリビングのみ床暖房を設置していますが、
床が一度暖まってしまえば電源をOFFにしてからもしばらくは暖かいままです。
逆に冷えきってしまうと、床暖房を入れてから暖まるまで30分〜1時間弱かかります。

床暖房の温度調整は4段階なのですが、夜中でも目盛りは最低の「1」で事足ります。
「2」以上に設定する事は殆どありません。ひと冬に数える程しかないはずです。

もしかして、天然石なので遠赤外線が出てる? (^^;;



あったかリビング4条件【その3】 南と西に大開口

リビングには我が家自慢の連続水平窓がございます。
これです。
c0360183_03152742.jpg

写真正面が南(正確には南南東)で右が西(西南西)になります。
基本的に昼間はブラインドを上げて生活していますので、日当りは最高に良いです。

日中はたっぷりの日差しを享受できることもあり、室温も快適な所まで上がります。
なので、冬でも晴れの日の日中は暖房無しで過ごしています。(*゚▽゚*)~♪
床暖房を使うのは朝イチと夕方以降になってからです。

日照に関して家内は、ともすれば病的とすら言えるこだわりを持っていましたが、
お陰でとても過ごしやすいリビングになりました。冬はね。(笑)



あったかリビング4条件【その4】 しっかりした断熱

忘れてはならないのがコレ。
日差しや床暖房で暖めた空気をしっかり室内に留め、冷たい外気を遮断してくれているからこそ
「冬でも暖かいリビング」が成立するのです。

ペアガラスの樹脂複合サッシMOCOフォームがイイ仕事をしてくれてるんだと思います。

本当はアイシネンにしたかったのを我慢して選んだMOCOフォームですが、今のところ
十分な働きをしていると思います。この状態をずっと維持してくれる事を祈るばかりです。




建て替える前の家は、今回列挙した4条件は1つも合致していませんでした。
1階で、床暖房無しのコルクフローリング、開口は東側の掃き出し窓のみ、
(想像ですが)お粗末な断熱材(もしかしたら入ってないorグラスウールが脱落していたかも)に
サッシはシングルガラス、と何もかも正反対。

本当に寒かった。

春秋はリビングの体感温度で服を選んで外出すると、いつも暑くて仕方無かったです。(^^;;
それだけリビングが寒かったという事です。



今回挙げた4条件を満たせば冬でも暖かいリビングに必ずなる、とは言いません。

しかし、前の家のクソ寒かったリビングと比較して考えるに、
今回の4条件は暖かいリビングの構成に少なからず寄与している事は間違いないと思っています。




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2017-02-04 01:14 | 住んでから | Comments(4)

きれいに施工してくれた断熱材が台無し


コンセントの位置を慌てて決めさせられたのには理由があります。
断熱材の施工日に間に合わせる為です。

我が家の断熱材は熟慮の末に選んだ、現場発泡ウレタンのMOCOフォームです。
6月25日、業者さんが来て施工してくれました。

施工日は仕事だったので、次の休みに早速確認に出向きました。



仕上がりはこんな感じ。まずまずキレイに施工してくれていました。
※下の写真の下側は施工ミスではありません。下地が奥にあるので柱からハミ出ませんでした。



これは残念ながら施工ミス。金物が露出しています。
※熱橋になるので、外部に接触している金物は被う必要があります。



これもミス。ハシゴがある部分には階段が掛かります。
階段の部分は室内なのでモコフォームで断熱する必要があります。

壁の青い部分はDIYで施工したスタイロフォームですが、
左から3列はここも本来モコフォームを吹かなければならない場所でした。
※ここは後から硬質ウレタンフォーム(スタイロエース)を施工する事になりました。


他にも発泡不足で厚みが確保出来ていない箇所がいくつかありましたが、
おおむね合格点といえる施工だったと思います。




問題はこの後です。(´・△・`)







施工後の断熱材を削って配線通すとか、ありえへんやろ! ヽ(`д´;)/


こんな風に後から配線を通してる箇所が、そこらじゅう至る所にあります。(ToT)
何の為に慌ててコンセントの位置決めたと思ってるねん! (゚Д゚#)ゴルァ!!




こんな大穴開けて・・・断熱欠損って言葉、知ってます? (#゚Д゚)


私「この穴や削った部分はこのままなんですか?」
現場監督「はい、そうですが?」
私「断熱材の厚み、全然確保出来なくなってるんちゃいます?」
監督「・・・・・」
私「それじゃ困るんですけど?」
監督「補修用のスプレーで埋めときます」
私「正直、もう一回業者に来て吹いてもらいたいんですが」
監督「それはちょっと・・・・」
私「無理なら仕方無いけど、そもそも断熱材吹いてから配線やるっておかしくないですか?」
監督「いや、それは普通だと思いますよ」
※グラスウールからモコフォームに変更して本当に良かったです。断熱材への認識がこの程度でグラスウールを施工させてたらと思うと、ゾッとします。「隙間無く施工してもらえるならグラスウールでもイイかな」と考えたこともありますが、そんなの夢のまた夢だったと思います。



ていうか施工マニュアルには「施工前に配線やコンセントボックスは終わらせる」って書いてあるやん!!

・・・・・と、m4さんに愚痴ったんですが、
「確かにマニュアルには書いてありますけど、工程を考えると現実的には無理だと思います」
と言われてしまいました。



きれいに吹いてくれてたのになぁ。
精神的ダメージ、でかいです。(つД`)




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-27 04:48 | 建て方から木工事まで | Comments(2)

内部結露計算シート


さんざん悩んだ末、防湿層は設けないという一応の結論を見た、我が家の断熱材問題

ところで、メーカーの見解はどうなんですか?
という事で、問い合わせてもらっていたのですが、回答がm4さんから転送されてきました。


結論から言うと「防湿層は不要」との事だったのですが、
納得いかんのですわ。


だって、根拠が曖昧なんだもの。(^^;;


計算はキチンとしてくれていました。そのデータもいただきました。
確かに、私の住所の近くの市の気温データを元に算出した場合は結露しない、という結果なのですが、
同じく近隣で標高の高い(気温が低い)場所のデータだと結露する、という判定なのです。

まぁ冬の外気温は大体は近隣市のデータと同じくらいなんですが、
真冬で冷え込みが厳しい時はそのくらいまで気温が下がる日もあるんですよね〜。(。-`ω-)

なのに、なぜ防湿層不要という結論なのか説明が無いんですよね。


こうなったら自分で計算するしかあるまい。


また、悪いクセが出た。(笑)




実は問い合わせる以前から色々調べるうちに
「内部結露計算(判定)シート」という物の存在を知りました。

考え方としては、壁面の各建材の熱伝導率と透湿抵抗を元に各建材の間の温度と水蒸気量を算出し、
飽和水蒸気量と比較して結露の有無を判定する、という物です。

そっち方面は苦手ですが、透湿抵抗比よりも理に適っているように思えます。


MOCOフォームのメーカーも「住宅性能評価・表示協会」の計算シートを使用していました。
それは入手ルートが分からなかったので、abs一級建築士事務所さんが公開しておられる物を頂戴しました。

頂戴した内部結露判定シートは透湿抵抗の単位がm2・h・mmHg/gだったので
m2・s・Pa/ngになるように手を加えました。
透湿抵抗比のときの単位換算式が役に立ちました。(^^)


自宅のパソコンはエクセルは開けないので、計算するのは勤務中。(笑)
それでは、仕事そっちのけで計算した成果をお見せしましょう!


Read more(長文注意!www)
[PR]
by casagarage | 2015-07-09 05:36 | 着工から基礎工事 | Comments(2)

MOCOフォームに防湿層は不要なのでは?


あれやこれやと計算していて思ったんですがね。

透湿抵抗比という考え方だと、内断熱の場合だと構造用合板を使う限り
どんな断熱材を使っても防湿層が必要って結論になるんじゃないのかなぁ?
計算してないけど。

じゃぁ、どうしてMOCOフォームは防湿層が不要なのか・・・その「根拠」を知りたい。
ちなみに、現場発泡断熱材の雄アイシネンも、
施工サイドのサイトを見る限り防湿層は省略という立場のようです。

で、アイシネンの透湿率を調べたら31.7ng/(m・s・Pa)でした。(ソース)
我らがMOCOフォームの透湿率は19.1ng/(m・s・Pa)。(ソース)

透湿抵抗は「材料の厚さ÷透湿率」なので、アイシネンの方が透湿抵抗は小さい、
つまり湿気を良く通すのです。これは意外でした。

ただ、アイシネンは「呼吸」という表現を使って、
湿気を通す事をむしろ売りにしているので、透湿抵抗が小さくても当然といえます。

かたや、モコフォームも「調湿性能がある」とカタログで謳っています

で、この事から考えるに、
防湿層を設けるという事は「呼吸」あるいは「調湿」という機能を阻害するんじゃないか、
と結論づけました。

という訳で、防湿シートの施工はしない、と決定しました。
・・・・・まだ踏ん切り付いてないんです。(^^;;

話が逸れますが「MOCOフォーム」でググると「アクアフォーム」がヒットします。
一部のサイトで「アクアフォームはモコフォームのOEM」とされているのが理由と思われます。
しかし、メーサーサイトによるとアクアフォームの透湿率は16.6ng/m・s・Pa。(ソース)
MOCOフォームは19.1ng/m・s・Paです。OEM(同じ製品)ならこの数値は同じはずですので、
MOCOフォームとアクアフォームは別の製品だと思います。


ところで、MOCOフォームは現場発泡ウレタンです。そう、ウレタン。

私の嫌いな樹脂製品です。(^^;;

これにはずっと引っ掛かっていました。
「基本的に樹脂製品は経年劣化が激しい」という偏見の元に生きていますので(笑)
「10年、下手すりゃ数年で分解してボロボロになるんじゃないか」と怯えた時期もあります。
今でもチョット心配してます。(^^;;

数年前の話なんですが、
当時所持していた古い車のシートのスポンジが劣化して粉々になって来たんですね。
それでスポンジを張り替えに出したんですが、革のシート表皮をめくってみたら
内部のスポンジは健全な状態を保っていたんです。製造から40年程経過していたんですが、
粉々になっていたのはシート下部に露出してた部分だけでした。

しかし、40年経っても劣化しなかったスポンジを目の当たりにした一方で、
年月を経て風化してしまったウレタンスポンジを沢山見てきた事も事実。


こればっかりは、その時が来てみないと分からないです。(^^;;



だから「劣化しない」と豪語し、生涯品質保証を謳うアイシネンにしたくて仕方ないんですよねー。

でも「20万アップ」って言われちゃ腰も引けちゃうよねー。(^^;;



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-06-30 05:16 | 契約から着工まで | Comments(2)

【m2・s・Pa/ng】透湿抵抗の単位換算【m2・h・mmHg/g】


透湿抵抗という迷宮に足を踏み入れてしまってからこっち、仕事が手に付かなくなりましてねぇ。
仕事中にズーっと調べては計算、調べては計算を繰り返してました。(仕事しろ!www)

何が面倒くさいって、単位が2種類あるのは何とかならんのか、と。

同じ透湿抵抗を示す数値なのに「m2・s・Pa/ng」と「m2・h・mmHg/g」があるんです。

何が違うかというと、
時間の単位が秒(s)と時間(h)、気圧がPaとmmHg、質量がグラム(g)とナノグラム(ng)と
それぞれ基準となる単位に差異があります。

これだけ違うと結果として出される数値も大きく違ってきます。例えば12mmの合板の透湿抵抗は、
単位が「m2・s・Pa/ng」だと0.011ですが、「m2・h・mmHg/g」だと23です。

タチが悪いのは、あっちのサイトにはm2・s・Pa/ngで表記されているのに、
こっちのサイトにはm2・h・mmHg/gで表記されている、なんてケースが頻発する事。

計算、ジャマくさいんじゃぁ〜!! (# ゚Д゚)ゴルァ
お陰で仕事が手に付かないじゃないか。(笑)


というわけで透湿抵抗の単位「m2・s・Pa/ng」と「m2・h・mmHg/g」の換算式を算出しました。
(仕事中に)

結局、気圧の換算が面倒なんですね。PaとmmHgの関係は
1013hPa(正確には1012.93hPa)=760mmHgです。
1hPa=100paですから、101300Pa=760mmHg、
したがって1Pa=0.00750246mmHgとなります。

ですから「X(m2・s・Pa/ng)」から「Y(m2・h・mmHg/g)」に換算するには
(1)時間の換算:Xを3600で割ります。(3600秒=1時間)
(2)気圧の換算:(1)に0.00750246を掛けます。(1Pa=0.00750246mmHg)
(3)質量の換算:(2)に10の9乗を掛けます。(1000000000ng=1g)

式にすると
X÷3600*0.00750246*1000000000=Y 

途中を計算して
X*2084=Y
(1012.93hPa=760mmHgで計算すると、X*2084.1628=Y)

これが「m2・s・Pa/ng」から「m2・s・Pa/ng」への換算式です。
Xは「m2・s・Pa/ng」の数値、Yは「m2・h・mmHg/g」の値です。


てか、「m2・s・Pa/ng」の値に2084を掛ければ「m2・h・mmHg/g」の数値になるというのは、
両方の数値を併記してるサイトを見て計算すれば、ウチの次男坊(小5)でも分かります。(笑)


しかし、「2084を掛ければイイ」だけでは納得出来ないのです。
「なぜ2084を掛けるのか?」その根拠を自分で理解しておきたいのです。(^^;;


で、コレを延々何時間も考えてる、と・・・・・。(仕事中にw)


何とメンドクサイ施主だこと。(笑)


家内には常々「アンタの相手をさせられるm4さんがカワイソウ」と言われてるんですが、
コレじゃ否定できませんね。(^^;;




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-06-28 05:06 | 契約から着工まで | Comments(2)

ビニールクロスの透湿抵抗を自力で計算してみた


しち面倒くさい透湿抵抗のエントリにも最後までお付き合い下さった読者の方がおられたので
(ありがとうございます!)
引き続き、クソ面倒くさい透湿抵抗の話を続けます。(^^)


壁紙(ビニールクロス)があるから防湿層は不要、という一応の結論を見たものの
イマイチ納得がいかない私。

判断の拠り所となったこのサイトによれば、
ビニールクロスは構造用合板の6倍から8倍の透湿抵抗を有する、
と書いてありますが、根拠は明示されていません。
複数のソースがあれば納得出来るのですが、他には見当たりませんでした。

壁紙はサンゲツの製品を使う事になっているので、メーカーに問い合わせましたが
透湿抵抗のデータは持っていない、との事。

ですが、サンゲツのサイトで「一般ビニール壁紙の透湿性試験の数値」を発見しました。
それによると、「約100(g/m2・24h)」だそうです。条件は気温40度、湿度90%。
これは「気温40度、湿度90%で1平方メートルのビニールクロスは24時間に100グラムの水蒸気を通す」という意味です。

よーし、これをベースに自分で計算しちゃうぞー! φ(。_。*)



サンゲツの「一般ビニール壁紙の透湿性試験の数値」は、JIS Z 0208 B法で算出とあります。

ググってみると、別名を「カップ法」というそうです。
定義  透湿度とは,一定時間に単位面積の膜状物質を通過する水蒸気の量をいい,この規格では,温度 25℃又は 40℃において防湿包装材料を境界面とし,一方の側の空気を相対湿度 90%,他の側の空気を吸湿剤によって乾燥状態に保ったとき,24 時間にこの境界面を通過する水蒸気の質量 (g) を,その材料1m2当たりに換算した値をその材料の透湿度と定める。
つまり、カップに試材でフタをして24時間で通過する水蒸気を測定する、という試験です(よね?)


まず前提として、透湿抵抗の単位は「m2・s・Pa/ng」です。

サンゲツのサイトに載っていた「約100(g/m2・24h)」を
m2・s・Pa/ng」に換算するため以下の手順を踏みました。


(1)「m2・s・Pa/ng」に換算する為に「g/m2・24h」を「ng/m2・s」に換算します。
ngはナノグラムで0.000000001(10のマイナス9乗)グラム、sは秒で24時間は86400秒です。
したがって、100*10の9乗/86400=1157407.4(ng/m2・s)となります。
これがビニールクロスの「透湿度」です。

(2)気温40度、湿度90%の水蒸気圧(Pa)を求めます。
40度の飽和水蒸気圧は73.77hPa。湿度90%なので73.77*0.9=66.393hPa。
1hPa=100Paなので、66.393*100=6639.3Pa

(3)透湿抵抗の算出式「Zp=(P1-P2)*A/G」に当てはめる。
この式を見つけたので計算する事が出来ました。
Zpが透湿抵抗、P1はカップの外(40度90%)の水蒸気圧、P2はカップ内の水蒸気圧(0Pa)、
Aは透湿面積(単位は平方メートル、今回の場合1m2)、Gは透湿量(ng/s)。
Gに関しては(1)の透湿度の単位ng/m2・sより、この場合面積m2が「1」なので透湿度の数値と同じになります。

透湿抵抗Zp=(6639.3-0)*1/1157407.4=6639.3/1157407.4=0.0057363(m2・s・Pa/ng)


ビニールクロスの透湿抵抗は0.0057363(m2・s・Pa/ng)

となります。間違ってたらゴメンなさい・・・てかココまでやって違ってたら泣きます。(^^;;


さて、構造用合板(12mm)の透湿抵抗は0.011です。(ソース
我が家の場合9.5mmなので透湿抵抗は0.0085595です。
壁紙の方が構造用合板より透湿抵抗が低いですね・・・・・(。-`ω-)ムー
したがって、防湿層無しで透湿抵抗比2:1以上には成りません。


結論。残念ながらビニールクロスは防湿層の代わりには成り得ません。


疲れた〜。今回はさすがに完走者ゼロかな?(笑)



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-06-26 06:04 | 契約から着工まで | Comments(12)

透湿抵抗という名の迷宮への入口


グラスウールからMOCOフォームに断熱材を変更した頃の話です。
調べ物をしていると、毎度毎度出くわす単語が2つありました。

透湿抵抗内部結露です。

グラスウールが湿気に晒されて劣化する、のは冬場に壁の中で結露が起こる事が原因なんですね。
これが内部結露。

そして、内部結露を起こすか否かを事前に計算で判定する時に出てくるのが透湿抵抗。
建材の「湿気の透過しにくさ(しやすさ)」を数値化した物です。

断熱層を境界にして、室内側と室外側の透湿抵抗の比率が一定以上になると結露しない、
と判定されます。これを透湿抵抗比といいます。詳しくはこちらのサイトが分かりやすいです。


私の住んでいる地域はこの透湿抵抗が2:1になれば良いのですが、
MOCOフォームで計算すると防湿層を設けない限りその比率にはなりません

ですが、MOCOフォームのような現場発泡吹き付けウレタンの断熱材の場合、
基本的に防湿層は設けない事が多いようです。というか防湿シートなんて貼らないハズ。



ここんトコ実際どうなのか、N建設の社長さんに聞いてみましたが、
「基本的には不要だと思います」との返答。ですが、N建設さんではしないのがデフォルト?
と聞くと「場合によっては、します」と煮え切らない返答。(^^;;

そして「実際には壁紙を貼りますから気にする必要は無いと思います」と言われました。

どういう事かと言うと、透湿抵抗比の計算には壁紙の数値は算入しないルールになっています。
ですが、壁紙にも当然透湿抵抗があり、それを計算に入れればクリアできる、という意味です。

その辺の話はこちらのサイトで読んだ覚えがあったのですが、
まぁプロもそう言ってるんだからそうなのかなぁ、と。


なんだか釈然としないまま「防湿層は無し」との結論に・・・・・。(●´・△・`)


でもね、しっかりした「根拠」が無いと納得出来ないタイプなんですよ、私。(´・Д・)」



2015年3月下旬のお話です。
ちなみに、リアルでは本日が断熱材の施工日となっております。上手くいくとイイな♪ (^^)

読みにくくて分かりにくい、タイトル通り迷宮のようなエントリで申し訳ないです。
もしかして最後まで読んでくれた人って居ないんじゃないかな?(笑)



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-06-25 03:51 | 契約から着工まで | Comments(4)

グラスウールが信用出来ない


特記仕様書を読んでいて、我が家の断熱材はグラスウールである事を初めて知りました。
商品名も記載があったので色々調べていたんですが、だんだん不安になってきました。

まず、グラスウールというのは「キチンと施工する事」が非常に難しい事。
そして、完璧な施工をすることはほぼ不可能に近い、という事。

そうなると、多少なりとも壁面内での結露は覚悟しておく必要があると思うんです。
つまり「グラスウールが湿気に晒される」という事態は必ず起こりうる、と思うんです。
一度湿気に晒されると、構造上今度は中々湿気が抜けないと思うんです。

10年、20年経った時、グラスウールはかなり残念な状態になっていると思うんです。
水を吸った重みで下がったり、カビが生えたり・・・・・。
少なくとも施工時の状態を保つ事は不可能でしょう。それはどんな断熱材でも同じでしょうが、
グラスウールの場合、劣化度合いが非常に大きいような気がするのです。

ここまでの記述は、私個人の思い込みと偏見によるものです。根拠は全く無いという事を明記しておきます。
グラスウールをお使いの方でお気を悪くされた方がおられたら、申し訳ありません。m( _ _)m

この事をm4さんに話して相談しました。否定はされませんでした。

じゃぁ、代わりの断熱材はどうするのか。
かなり頑張って調べました。と、言ってもネット上の知識でしかありませんが。

私なりに調べてセルロースファイバーが良さそうだ、という結論に達したので伝えました。
しかし「セルロースファイバーは施工実績が無いので何とも言えません」という返答でした。

アイシネンは? やっぱ、高い?
m4さん「多分20万近く上がると思います」
ああ、やっぱりね。(笑)
これが最強だとは思うんだけど、20万はありえません。(^^;;


他に何か良い断熱材は無いか聞くと、MOCOフォームを提案されました。
リンク先はメーカーのサイトですが動画が埋め込んであって結構な音量で音楽が鳴ります。ご注意下さい。

m4さん「アイシネン程ではありませんが、何にせよグラスウールより値段は上がります」
私「MOCOフォームはどれくらいですか?」
m4さん「記憶では平米あたり200円くらいだったかと」
私「200円? じゃぁ、上がっても知れてるんじゃ・・・・・」
m4さん「でも200平米以上ありますから・・・・・10万は超えますかねぇ」
私「無理かぁ・・・・ん? 10万もいかんのとちゃいます?」
m4さん「!!! 計算間違えました。4、5万円くらいですね」
私「それならアリかも」
m4さん「見積り取りますか?」
私「お願いします」

電話を切ってから早速リサーチ開始。
モコフォームは「現場発泡ウレタン」という、アイシネンと同系統の断熱材です。

アイシネンというのはググってみれば分かると思いますが、多分最強の断熱材だと思います。
ですが、その分お値段も最強なのが珠にキズ。
「信者」といっても差し支えないような熱狂的な支持層を持つ、色んな意味で凄い断熱材です。

MOCOフォームを始めとする硬質発泡ウレタンは、疎水性や柔軟性、経年劣化など
アイシネンに劣る部分はありますが、断熱材としての性能は比較的優秀だと思います。

そして現場発泡ウレタンの一番良いところは、
断熱材の施工で一番重要な「隙間なく施工する」という事が比較的容易な事。
ここ1つ取っても、グラスウールからアップグレードする価値があると思います。

という訳で、我が家の断熱材は暫定でMOCOフォームに変更になりました。



ここから私は「内部結露計算」という迷宮へと足を突っ込み、ドロドロに煮詰まってゆく
のですが(笑)それは、またしばらく後に記事にしようと思います。(^^;;


2015年2月末のお話です。



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-06-12 05:27 | 契約から着工まで | Comments(0)