casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

ベースプラン決定

ファーストプランをいただいて帰宅した後、
早速どっちのプランにするか夫婦で話し合いました。

ここで意見が割れると、またモメるところですが、
期せずして意見が一致しました。







私たちが選んだのはPlan Aです。

プランAはオーソドックスな故に、Bと比べると「見所」に欠けるのですが、
裏を返せば柔軟性が高く「伸びしろ」があるのです。

プランの提示を受けた後の打ち合わせで、私たちの細かな要望を図面に落とし込む作業をしました。

プランAはそれにより間取りが形を変えて進化していきましたが、
Bはどこかを変えようとすると破綻してまう事が多かったのです。

つまり、プランBはすでにほぼ完成形なのです。基本このまま受け入れる事が前提。
ああして欲しい、こうして欲しいは通らない事もある、というか多分結構ありそう。
でも、それはチョット困りますよね。


それから私にとって致命的だったのがガレージ。

縦列駐車は別に構わないと伝えてはいましたが、
前後10cmずつしか空きが無いのはさすがに困ります。(笑)
駐車するのに毎回神業が必要です。(;・∀・)

横幅も2500mmで一般的なサイズではありますが、
それじゃ整備作業はできないし、膨大な量の部品ストックの置き場もありません。(´Д⊂ヽ

ここいら辺は「普通の建築家さん」なので仕方ないところですかね。
修正さえ可能なら問題ないのですが、これまた一苦労。てか、かなり難しそう。

ガレージがこれでは、ちょっと受け入れがたいです。ゴメンなさい。(^^;;



ずっと後になって聞いた話ですが、Plan Aはm1さん、Bはm3さんの設計だったそうです。
だから、打ち合わせではm1さんに最終決定権があるのだと思います。
Bを選んでいたらm3さん主導になっていたんでしょうね。

家内いわく
「プランBはすごく素敵な家になりそうだけど、住みやすそうなのはAだと思った」
そうな。

私はこの時は分からなかったけど、
家づくりを1年続けて平面図が見れるようになった今なら、
家内の言うことがよく分かります。

そこには建築家が設計した住宅ならではの目を見張るような空間があったでしょう。
そして、それこそが私が欲しかった物でもあります。
こういうのを求めたから建築家に依頼したのです。

この家の見所は何といっても1階のホールと中庭の一体感が織りなす広大な空間。
あの時は平面図からここまで想像するスキルがありませんでした。
この景色を見てみたかったです。

もし今、もう一度どちらかを選べるなら、Plan Bを選んでいたかもしれません。




ランキング絶賛参加中(・∀・)
please,click!!

にほんブログ村





[PR]
by casagarage | 2015-03-19 04:11 | 基本設計 | Comments(0)