casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

設計の神が降りてきた【第4回打ち合わせ】

リビングが広くなったのは嬉しいのですが、LDKには懸案事項が一つ残っていました。

ダイニングの配置です。

リビングスペースはほぼ真四角なのですが、
1カ所の角に800mmx1000mm程のスペースが出っ張っています。

動線や間取りを考えるとこのスペースの近辺をダイニングにしたいのですが、
出っ張りにテーブルを突っ込むと椅子が引けなくなるし、
出っ張りの前にテーブルを置くと出っ張りがデッドスペースになってしまいます。

この日の打ち合わせでは、ここの解決を主に話し合いました。

なかなか良い案が出なかったのですが、
「今までも食事はリビングでしていましたし、簡素なものでもイイのですが」
という私の一言をきっかけに、m1さんにインスピレーションが舞い降りました。

「出っ張り」を構成しているのは高さ1200mmのキッチンとの間仕切り壁なのですが、
この間仕切り壁から天板を生やす形でカウンターテーブルを造作してダイニングにするプランです。
スペース効率が抜群に高いのが一目見て分かる秀逸なアイデアです。

カウンターはL字型で、短い辺が出っ張り部分にハマります。
ここが1人掛けで、長い方の辺が3人掛け。カウンター形式なら椅子も引けます。

リビングの奥まった所にある1人掛けの場所を私の城に決めました。(^^)



このカウンターダイニングは、私たちが思っている以上に
建築家ゴコロを揺さぶる素晴らしいアイデアだったようです。

このアイデアが出て以降、打ち合わせ中は終始、m1さんとm3さん大興奮。
「カフェのようなダイニングになります」「これは新しい」「今までに無い」
という自画自賛の言葉が何度も口をつき、2人ともテンションはMAXでした。

アイデアを出し合う会話も凄く楽しそうで、この時よりハイテンションな
お二人を見た事は、後にも先にもありません。(^^)

この瞬間、私たちの作ってきたプランに何か魂のような物が入り、私たちの家が
「m1さんが設計した家」から「m1さんの作品」になったように感じました。

この日の打ち合わせは、間違いなく私たちの家づくりのハイライトだったと思います。
「施主と建築家が一緒になって家を造る」という事を、もの凄く強く実感した一日でした。


2014年3月末のお話です。




ランキング絶賛参加中(・∀・)
please,click!!

にほんブログ村





[PR]
by casagarage | 2015-03-31 03:52 | 基本設計 | Comments(0)