casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

ルーバーは嫌いなんです【第5回打ち合わせ】

物干しスペース確保のため
南と西をグルリと取り囲むようなバルコニーを設置することになった我が家。

バルコニーは外観の意匠の都合もあり
開口の無い壁で覆われているため通風は期待できません。

しかしそれでは洗濯物が乾かない、というので
今回の打ち合わせで対応策の提示をお願いしていました。

提示された案は、バルコニーの壁面にルーバーを設置するという物でした。

ルーバーが大好物の家内は大喜び。
私はルーバーが大嫌いなのですが、それよりもっと大きな問題が・・・・
カッコ悪いのです(笑)


「ちなみにm1さんは、どっちの意匠が好みですか?」
「う〜ん、無い方がスッキリしていますねぇ」


m1さんは外観の意匠にはこだわるタイプです。(建築家なら当たり前ですねw)

ファーストプランではファサードの壁面はフラットな収まりとなっていました。
第1回目の打ち合わせの過程でm2さんが「フラットな収まりを崩す事になる提案」をした事があったのですが、
m1さんは「それだとフラットの収まりにならない」と、その提案を即座に却下しました。

しかし、私がガレージの拡張をお願いした時は、
フラットな収まりが崩れるにも関わらず、あっさりと了承してくれました。
意匠にはこだわる方ですが、施主の要望を叶えるためなら快く変更してくれる方なのです。
(しかも代替案の意匠も素晴らしいものを出してきてくれます)



「カッコ良さよりも機能を優先させたい」と主張する家内を沈黙させたのが
m1さんの一言でした。

ルーバー、高いですよ。
(`・ω・´)キリッ


機能よりもお金優先、と。(^^;;
通風については、バルコニーの床の一部をグレーチングにする事で解決しました。




ちなみにこの日の打ち合わせでは間取りに関する話は出ませんでした。
つまり間取りは前回の打ち合わせで固まった、という事です。

「あぁ、とうとう(間取りの)プランは終わったんだなぁ」と思うと、
ちょっと寂しい気持ちになりました。
この4ヶ月ちょっとの間に、間取りがドンドン進化していくのがとても楽しかったんです。

今、思い出しても、あの頃は本当に楽しかったなぁ。
このブログを読んで下さっているあなたが、もし今基本設計中なら、思いっきり楽しんで下さい。
今が一番楽しい時だと思いますよ。(^^)


2014年4月中旬のお話です。




ランキング絶賛参加中(・∀・)
please,click!!

にほんブログ村





[PR]
by casagarage | 2015-04-01 03:36 | 基本設計 | Comments(0)