casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

裸電球はアリ? ナシ?【第10回打ち合わせ】


照明はハッキリ言ってノープラン。全く勉強してませんので基本的には「お任せ」でした。(^^;;

ただ一つの要望としては「明るくして欲しい」という事。
視力が低い事もあるのですが、蛍光灯の昼白色、昼光色をこよなく愛しています。
電球色なんて見えづらくて、もっての他・・・何という建築家泣かせでしょう。(笑)

m2さん、m1さんもさすがに困っておられました。
「せっかく建築家に家を造ってもらうのだから雰囲気も大事にしないと」
とは思っていたので、電球色でオッケーしましたが。(´∀`)


ホント言うとベタだろうが何だろうがPH5を吊るしたかったんですが、
家内が激しく却下。「いかにも過ぎて絶対嫌」だそうで。
まぁ、気持ちは分かるので従いました。さようならポールセン・・・

画像はお借りしました


予算厳しき折から、照明にはあまりお金を掛けられないという事で
(ポールセンなんかもっての他ですやんwww)
m2さんの提案は「裸電球をまとめて沢山吊り下げてシャンデリア風にするのはどうでしょう?」

画像はお借りしました

私は全く想像できませんでしたが、多分こんなイメージだったんだと思います。
しかし、これまた家内が激しく却下。「裸電球は絶対嫌」だそうで。

「お金が足りないので止むなくコストダウンしました」というのが透けて見える仕上げ、
というのが照明に限らず嫌だ、と。私なんかは「その通りなんだから仕方ないじゃん」と
思うんですが、その辺は微妙な乙女心というヤツなんでしょう。(笑)

画像はお借りしました

壁付けのこういうのも提案していただきましたが、当然却下だそうで。(^^;;
逆に私はガレージはチープに仕上げたいと思っていたので、積極的に採用させてもらいました。
長男も「嫌いじゃない」というので、彼の部屋は採用しております。

結局リビングや他の部屋は、普通のダウンライトを採用することになりました。


ガレージ前に埋込用ライトを仕込んでガレージドアを照らしたり
「見せ方」にも気を配っているあたりは「さすがだなぁ」と思いました。




で、お次ぎは床暖房、と。

床暖房に種類がいくつもあるなんて知りませんでした。(^^;;
大きく分けて2種類。電気式と温水式。温水式の中でも電気式とガス式がある・・・

電気式はイニシャルコストは安いけど、ランニングコストが高い。
温水式はイニシャルコストは高いけど、ランニングコストは安い。

ただし、m2さんの説明によると、電気式は暖まりが弱く補助の暖房が必要、との事。
温水式は立ち上がりが遅いが暖房器具は「これ1本」で大丈夫、との事。

そうなると文句無しで温水式を採用したいのですが、
予算大オーバーの私たちは少しでもイニシャルを下げたい、という事情も有ります。

ただ、これは考え方を変えて、初期投資してローンが高くなったとしても、
高いランニングコストを払う事になれば結果として同じ事だろう、と判断して温水式を採用しました。




お陰さまでOUTランキングついに1位!(・∀・)
please,click!!

にほんブログ村
INランキングにも御協力お願いします。m( _ _)m





[PR]
by casagarage | 2015-04-21 05:58 | 基本設計 | Comments(0)