casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

条件を満たすベッドが無い【第17回打ち合わせ】


前回の打ち合わせから、およそ1ヶ月。この日は実施設計の中間報告でした。
実施設計には2ヶ月程の時間が必要との説明でしたが、取りあえず順調に進んでいるそうです。

この日はベッドについて相談に乗ってもらいました。
これまでは畳に布団の生活でしたが、新築を機にベッドの生活にしたいというのが家内の要望。

今は私の勤務の都合で万年床状態なので、それを何とか回避したい。
でも布団の上げ下ろしは面倒なのでベッドにしたい、と。(^^;;

ベッドは基本的に既製品を購入する前提になっていました。

私たちのベッドに対する条件は3つ。
1)収納付き
2)セミダブルのロングサイズ
3)畳ベッド

1は家内の要望です。
冬布団を保管する場所が無いので、夏はベッドの下に保管したい、との事。
2は私の絶対条件。
身長が高くて普通のサイズだと足がハミ出ます。寝相が悪いのでシングルだと落ちます(笑)
3も家内の要望。
私は寝汗を凄くかくそうで、通気が取れるタイプがイイとのこと。


で、問題はというと、この3条件を満たすベッド、あるにはあるんですが
安物とバカ高い高級品の2択
になってしまうのです。

ちょっと値段が張るけれどデザインと質感はイイ、というのが欲しいんですが、コレが無い。
デザインと質感の両立を求めると「ちょっと」ではなく「だいぶ」値が張るのです。(^^;;
という訳で造作で作る訳にはいきませんか? と。

「家具工事でやると高いので、大工工事でもイイですか?」とm1さん。
もちろんOKですとも!

「ウレタンの断熱材の板を積み重ねてベッド代わりにした人もいますが?」とm1さん。
さすがにそれはチョット・・・(笑)


大工工事の造作で話がまとまり掛けたその時、m1さんが別の案を出してくれました。





m1さん「主寝室の2/3を畳敷きの小上がりにして布団を敷くのはどうでしょう」
m1さん「シングルとセミダブルの布団を並べると両脇に25cmずつスペースができてイイ案配だと思います」
m1さん「もちろん、小上がりの下は収納になります」

私「良いアイデアですが、それだと布団の上げ下ろしが必要にな・・・」
(食い気味に)家内が「それ、イイですね」
私「布団上げるの?」
家内「ううん、敷きっぱ」
私「万年床は嫌なんちゃうかった?」
家内「これならオッケー」
私「なんでオッケーなのかよく分からないんだけど?(笑)」

家内的には「畳の部屋」に布団が敷きっぱなしなのは万年床で、これは見た目がだらしないのでNG。
でも、小上がりは「ベッドスペース」で敷きっぱなしでもだらしなく見えないからOK、なんだそうで。

全然意味が分かりません(笑)
まぁ、家内がご満悦なのでイイんですけど。(^^;;



2014年10月中旬のお話です。


お楽しみいただけましたでしょうか?
please,click!!

にほんブログ村OUTランキング1位
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ (・∀・)



by casagarage | 2015-05-14 05:21 | 実施設計 | Comments(0)