casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

構造現しだと防火認定が取れません


実施設計に入った辺りの事だったと思いますが、m4さんから嬉しくない知らせがありました。
「ガレージなんですが、防火認定の規定で構造現しは不可となりました」

ガレージは下の写真のように構造用合板剥き出しのまま仕上げをせずに
柱の間に板を渡して収納として活用する予定でした。

画像はお借りしました m( _ _)m

構造用合板の上に石膏ボードを張り込まなければならないそうです。
望んだ仕上げではない上に、コストも余計に掛かるというダブルパンチです。(ToT)

ちなみに、ガレージドアを付けなければ「外部空間」となるので、そのままで良いそうです。
しかし、ドアを付けないという選択はあり得ませんので(笑)内装を仕上げる事にしました。

石膏ボードの厚み分(12.5mm)狭くなりますが柱の間は活用出来る、との事で一安心。
ただ、石膏ボードを仕上げ材にするのは容認できないので、塗装する事にしました。
(減額調整の過程でDIYとなりました)


床はカラクリート仕上げ。当初はベージュの予定でしたが、
減額調整の過程で玄関ホールを黒のカラクリートで仕上げる事になったので、
ガレージの床も合わせて黒にする事にしました。
黒い床は部品やネジを落とした時に見つけにくい、とメカニックさんから聞いていましたが目をつぶりました。(^^;;

床がベージュの時は「柱=濃茶、天井と壁(石膏ボード)=白」だったのですが、
「床が黒なら全体を黒基調にするのもアリか?」と思いました。
というか「いっそ柱以外、全面真っ黒も?」とm4さんにブツけたら、
「うーん、お勧めはしません。どうしても、と言うなら別ですが」と全力で却下されました。(笑)


というか、ガレージに関してはいつもm1さんは殆ど意見をおっしゃいません。
「ガレージには興味ないからそっけないのかな?」と思っていたのですが、m4さんによれば
「ガレージはcasagarageさんのこだわりが強いので好きに造ってもらおう」
と、気を遣って発言を控えていてくれたんだそうです。

いやいや、確かにこだわり強いですけど、ガンガン意見言って欲しいです。
とお願いして、配色案を出してもらったら、何と10パターンも作ってくれました。


でも、そこまでやってもらっておいて、最終的に選んだのは「お勧め」以外の配色でした。(汗)

ああぁぁ・・・・・m1さん、ゴメンなさい。m( _ _)m



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-06-13 02:41 | 契約から着工まで | Comments(0)