casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

ビニールクロスの透湿抵抗を自力で計算してみた


しち面倒くさい透湿抵抗のエントリにも最後までお付き合い下さった読者の方がおられたので
(ありがとうございます!)
引き続き、クソ面倒くさい透湿抵抗の話を続けます。(^^)


壁紙(ビニールクロス)があるから防湿層は不要、という一応の結論を見たものの
イマイチ納得がいかない私。

判断の拠り所となったこのサイトによれば、
ビニールクロスは構造用合板の6倍から8倍の透湿抵抗を有する、
と書いてありますが、根拠は明示されていません。
複数のソースがあれば納得出来るのですが、他には見当たりませんでした。

壁紙はサンゲツの製品を使う事になっているので、メーカーに問い合わせましたが
透湿抵抗のデータは持っていない、との事。

ですが、サンゲツのサイトで「一般ビニール壁紙の透湿性試験の数値」を発見しました。
それによると、「約100(g/m2・24h)」だそうです。条件は気温40度、湿度90%。
これは「気温40度、湿度90%で1平方メートルのビニールクロスは24時間に100グラムの水蒸気を通す」という意味です。

よーし、これをベースに自分で計算しちゃうぞー! φ(。_。*)



サンゲツの「一般ビニール壁紙の透湿性試験の数値」は、JIS Z 0208 B法で算出とあります。

ググってみると、別名を「カップ法」というそうです。
定義  透湿度とは,一定時間に単位面積の膜状物質を通過する水蒸気の量をいい,この規格では,温度 25℃又は 40℃において防湿包装材料を境界面とし,一方の側の空気を相対湿度 90%,他の側の空気を吸湿剤によって乾燥状態に保ったとき,24 時間にこの境界面を通過する水蒸気の質量 (g) を,その材料1m2当たりに換算した値をその材料の透湿度と定める。
つまり、カップに試材でフタをして24時間で通過する水蒸気を測定する、という試験です(よね?)


まず前提として、透湿抵抗の単位は「m2・s・Pa/ng」です。

サンゲツのサイトに載っていた「約100(g/m2・24h)」を
m2・s・Pa/ng」に換算するため以下の手順を踏みました。


(1)「m2・s・Pa/ng」に換算する為に「g/m2・24h」を「ng/m2・s」に換算します。
ngはナノグラムで0.000000001(10のマイナス9乗)グラム、sは秒で24時間は86400秒です。
したがって、100*10の9乗/86400=1157407.4(ng/m2・s)となります。
これがビニールクロスの「透湿度」です。

(2)気温40度、湿度90%の水蒸気圧(Pa)を求めます。
40度の飽和水蒸気圧は73.77hPa。湿度90%なので73.77*0.9=66.393hPa。
1hPa=100Paなので、66.393*100=6639.3Pa

(3)透湿抵抗の算出式「Zp=(P1-P2)*A/G」に当てはめる。
この式を見つけたので計算する事が出来ました。
Zpが透湿抵抗、P1はカップの外(40度90%)の水蒸気圧、P2はカップ内の水蒸気圧(0Pa)、
Aは透湿面積(単位は平方メートル、今回の場合1m2)、Gは透湿量(ng/s)。
Gに関しては(1)の透湿度の単位ng/m2・sより、この場合面積m2が「1」なので透湿度の数値と同じになります。

透湿抵抗Zp=(6639.3-0)*1/1157407.4=6639.3/1157407.4=0.0057363(m2・s・Pa/ng)


ビニールクロスの透湿抵抗は0.0057363(m2・s・Pa/ng)

となります。間違ってたらゴメンなさい・・・てかココまでやって違ってたら泣きます。(^^;;


さて、構造用合板(12mm)の透湿抵抗は0.011です。(ソース
我が家の場合9.5mmなので透湿抵抗は0.0085595です。
壁紙の方が構造用合板より透湿抵抗が低いですね・・・・・(。-`ω-)ムー
したがって、防湿層無しで透湿抵抗比2:1以上には成りません。


結論。残念ながらビニールクロスは防湿層の代わりには成り得ません。


疲れた〜。今回はさすがに完走者ゼロかな?(笑)



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-06-26 06:04 | 契約から着工まで | Comments(12)
Commented by holic at 2015-06-26 11:27 x
はじめまして、いつも楽しく拝読しています。

私も家づくりのはじめの段階で、結露・断熱について高機能であることを求め色々本を読んだりしていました。
どうやったら内部結露が防げるか、とか一応は読んだのですが自分の家についてそれを改めて考えることはせず、結局建築士まかせにして今に至っています…

透湿抵抗をキチンと検討されるcasagarageさんに、感動しましてコメントしました。キチンと結論を導き出していて素晴らしいです。

これからも楽しみにしていますね〜
Commented by SMZHOUSE at 2015-06-26 13:33

私の方のトラブルは何とかクリアできそうで、一寸ほっとしています。お心遣いありがとうございます。

Blog、ついて行ってますよー!
私は、長期優良住宅の基準を満たせば、結露計算はクリアしているはずなのでお任せしちゃいました。
私が参考にしたのは、以下2つのBlogです。

1.UTのお家 建材編
http://blogs.yahoo.co.jp/utshouse/2998449.html

2.住宅と建築と設計の話 簡単な結露の計算と課題編
http://home-living-life.seesaa.net/article/139175178.html

住宅と建築と設計の話 簡単な結露の計算と課題編の材料の物理性データ表をみますと、ビニル壁紙のの透湿抵抗は0.016(m2・s・Pa/ng)となっておりました。

参考になれば幸いです。
Commented by cara at 2015-06-26 22:04 x
オツカレです!( ^o^)ノ
もちろん 完走です。
諸計算ごくそうさまでした。スバラシー

めっちゃ 基本的なことでまちごうてたら御免なさい
室内側にあたる断熱材「MOCOフォーム」を調べてみました。
MOCOフォームの製品紹介でしょうか?
http://www.puftem.co.jp/wp-content/themes/puftem/pdf/01.pdf
の一番下に
透湿率 ng/(m・s・Pa)の実測値が19.1とあります。
断熱材の厚みを100mmとすると透湿抵抗は0.0052
これは計算されておられると思います。
結果 計算されたビニールクロス0.0057を加えると
0.0109になります。
参考にされている
 建築材料の透湿抵抗値の「合板」の透湿抵抗が0.011m2・s・Pa/ng(=23m2・h・mmHg/g)が?でしたので
合板に疑問を持ったので他をググってみました。
http://www.ads-network.co.jp/dannetu-keturo/naibu-keturo-03.htm
には構造用合板 9mm厚 透湿抵抗=10.3m2・h・mmHg/g(=0.0049m2・s・Pa/ng)となり

0.0109÷0.0049=2.22 となり2を超えているかな?
めっちゃ 的外れな回答でしたら御免なさい<(_ _)>
Commented by casagarage at 2015-06-27 01:13
> holicさん
初めまして。コメントありがとうございます。

何でも自分で納得してから導入したいタイプなモンでして・・・。
お褒めいただき光栄ですが、単に神経質なだけ、とも言います。(^^;;

ちなみに、まだここから更に迷走します。(笑)
Commented by casagarage at 2015-06-27 01:17
> SMZHOUSEさん
トラブル解決との事、良かったですね!!

2は見た事があります。
どこかのサイトで壁紙のデータを見たのは覚えていたんですが、ドコだったか忘れていたんです。ココだったかー。(^^)

何か僕の計算値と違うけど、見なかった事にしときます。(笑)
Commented by casagarage at 2015-06-27 01:38
> caraさん
計算、ありがとうございます。m( _ _)m

合板の数値はサイトによって違うみたいですね。知りませんでした。(汗)
私が参考にしたサイト(複数)は、透湿率1.11となっていたので厚みが9.5mmで0.0095/1.11=0.0085595と算出しました。

記事ではハショりましたが、合板の外の透湿防水シートとモルタル外壁の数値も加算します。
ですので室外側の数値はおよそ0.02になります。caraさんが調べて下さった数値でも0.017です。

室内側は石膏ボードも含め、0.0141145です。(ウレタンは80mm)

計算式は室内側/室外側なので、0.0141145/0.02=0.71となります。
caraさんの調べて下さった数値でも0.0141145/0.017=0.83で全然足りません。(^^;;

僕の方が間違ってるかも知れませんが、そうだったら2を超えるのでむしろ嬉しいです。(爆)

繰り返しに成りますが、ありがとうございました。m( _ _)m
Commented by casagarage at 2015-06-27 02:07
holicさん

ブログの方にお邪魔させていただいたのですが
何度やってもコメントが投稿出来ませんでした。

不義理をしているようで申し訳ありません。m(_ _)m
いつも拝見させていただいておりました。
今後ともよろしくお願いいたします。

(明日もう一度会社のパソコンから投稿してみます)
Commented by cara at 2015-06-27 02:40 x
構造用合はんの外側には通気層がありますので外気と繋がっているから通気層より外側は無視してもよいものとかんがえました。(^^ゞ
Commented by casagarage at 2015-06-27 04:20
なる程。それは一理あるかもしれませんね。(^^)/

Commented by holic at 2015-06-27 06:21 x
アレすみません!ご指摘ありがとうございます。設定見直してみます。
お手を煩わせて申し訳ありません。

不義理なんて思いませんヨ、懲りずにまたのぞいて下さいませ。
Commented at 2017-01-29 10:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by casagarage at 2017-01-30 20:41
> 内緒さん
過分なお褒めのお言葉痛み入ります。
実はセルロースファイバーはかなり真剣に導入を検討しました。
垂直面での経年による密度移動の懸念さえ無ければ導入していたと思います。(^^)