casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

ビニールクロスの透湿抵抗を自力で計算してみた


しち面倒くさい透湿抵抗のエントリにも最後までお付き合い下さった読者の方がおられたので
(ありがとうございます!)
引き続き、クソ面倒くさい透湿抵抗の話を続けます。(^^)


壁紙(ビニールクロス)があるから防湿層は不要、という一応の結論を見たものの
イマイチ納得がいかない私。

判断の拠り所となったこのサイトによれば、
ビニールクロスは構造用合板の6倍から8倍の透湿抵抗を有する、
と書いてありますが、根拠は明示されていません。
複数のソースがあれば納得出来るのですが、他には見当たりませんでした。

壁紙はサンゲツの製品を使う事になっているので、メーカーに問い合わせましたが
透湿抵抗のデータは持っていない、との事。

ですが、サンゲツのサイトで「一般ビニール壁紙の透湿性試験の数値」を発見しました。
それによると、「約100(g/m2・24h)」だそうです。条件は気温40度、湿度90%。
これは「気温40度、湿度90%で1平方メートルのビニールクロスは24時間に100グラムの水蒸気を通す」という意味です。

よーし、これをベースに自分で計算しちゃうぞー! φ(。_。*)



サンゲツの「一般ビニール壁紙の透湿性試験の数値」は、JIS Z 0208 B法で算出とあります。

ググってみると、別名を「カップ法」というそうです。
定義  透湿度とは,一定時間に単位面積の膜状物質を通過する水蒸気の量をいい,この規格では,温度 25℃又は 40℃において防湿包装材料を境界面とし,一方の側の空気を相対湿度 90%,他の側の空気を吸湿剤によって乾燥状態に保ったとき,24 時間にこの境界面を通過する水蒸気の質量 (g) を,その材料1m2当たりに換算した値をその材料の透湿度と定める。
つまり、カップに試材でフタをして24時間で通過する水蒸気を測定する、という試験です(よね?)


まず前提として、透湿抵抗の単位は「m2・s・Pa/ng」です。

サンゲツのサイトに載っていた「約100(g/m2・24h)」を
m2・s・Pa/ng」に換算するため以下の手順を踏みました。


(1)「m2・s・Pa/ng」に換算する為に「g/m2・24h」を「ng/m2・s」に換算します。
ngはナノグラムで0.000000001(10のマイナス9乗)グラム、sは秒で24時間は86400秒です。
したがって、100*10の9乗/86400=1157407.4(ng/m2・s)となります。
これがビニールクロスの「透湿度」です。

(2)気温40度、湿度90%の水蒸気圧(Pa)を求めます。
40度の飽和水蒸気圧は73.77hPa。湿度90%なので73.77*0.9=66.393hPa。
1hPa=100Paなので、66.393*100=6639.3Pa

(3)透湿抵抗の算出式「Zp=(P1-P2)*A/G」に当てはめる。
この式を見つけたので計算する事が出来ました。
Zpが透湿抵抗、P1はカップの外(40度90%)の水蒸気圧、P2はカップ内の水蒸気圧(0Pa)、
Aは透湿面積(単位は平方メートル、今回の場合1m2)、Gは透湿量(ng/s)。
Gに関しては(1)の透湿度の単位ng/m2・sより、この場合面積m2が「1」なので透湿度の数値と同じになります。

透湿抵抗Zp=(6639.3-0)*1/1157407.4=6639.3/1157407.4=0.0057363(m2・s・Pa/ng)


ビニールクロスの透湿抵抗は0.0057363(m2・s・Pa/ng)

となります。間違ってたらゴメンなさい・・・てかココまでやって違ってたら泣きます。(^^;;


さて、構造用合板(12mm)の透湿抵抗は0.011です。(ソース
我が家の場合9.5mmなので透湿抵抗は0.0085595です。
壁紙の方が構造用合板より透湿抵抗が低いですね・・・・・(。-`ω-)ムー
したがって、防湿層無しで透湿抵抗比2:1以上には成りません。


結論。残念ながらビニールクロスは防湿層の代わりには成り得ません。


疲れた〜。今回はさすがに完走者ゼロかな?(笑)



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



by casagarage | 2015-06-26 06:04 | 契約から着工まで