人気ブログランキング |

casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

通報されたら捕まるレベル(笑)


工事が始まると、現場、気になりますよねー。

でも、いざ現場に行っても、最初の頃は遠慮して敷地の外から見てるだけでした。
掘り方の時は重機が入っていて見るからに危なそうだし、
配筋が始まっても職人さんは無愛想で、何となく声をかけづらい雰囲気だったもので・・・。

なので、僕はもっぱら真夜中に現場を見に行ってました

私は休みの前夜はいつも玉突き(ビリヤード)に行くのが日課になっています。
夜中の1時か2時頃まで撞いて、帰る途中に現場に立ち寄ります。



草木も眠る丑三つ時・・・・・


人目を憚りながらソッと柵の隙間を縫って現場に忍び込む中年男・・・・・


物音をたてぬよう気を配り懐中電灯で配筋を見ながら鉄筋の本数を数える・・・・・


1本、2本、3本・・・・・









まぁ、足りてるんですがwww




真夜中に現場に忍び込んでゴソゴソ・・・って、やってる事は泥棒と変わりませんから、
ご近所さんに通報されたら、マジでやばいかも。(^^)

日曜は休みなので、今夜も行くつもりです。ご近所さん、不審者じゃないので通報しないでネ。(^^;;
大工さんはとても気のいい人で昼間も普通に現場に行くようになりましたが、この習性は今も変わってません。


ところで、現場に行っても私ら素人はどこを見ていいのか分かりません。
なので、私はいつもチェックポイントを解説しているサイトで予習をしてから出かけていました。
主に参考にしていたのが住まいの殿堂さんと、みらいプラス住宅検査さんです。
そういえば、金物が付いてからは殆どチェックしてないなぁ。防水とかチャンと見直しとかないと・・・(^^;;


セルフチェックのメリットは2つあると思っています。
ひとつは言わずもがな、自分の目で確認するので間違いなく信用出来る事。

もうひとつは、知識があると現場を見るのが非常に楽しいのです。

チェックする事自体は所詮素人ですし限界があります。
実際、僕も図面と金物を照らし合わせる、といったレベルの事まではやりませんでした。
後で施主側の第三者たるm4さんが正式に検査をしてくれるのが分かっていたからです。

それよりも、自分の新居が正しく作られて行く過程が「理解」できるというのが
楽しくて仕方が無い。正直、こちらのメリットの方が大きいと思っています。
おかしな箇所があっても、その修正が「正しく行われている事」が分かれば安心出来ますし。



日々の勉強のお陰で上棟の頃には、
金物を見て興奮するアブノーマルな性癖が身に付いていましたとも。(笑)


上棟式で金物の写真を撮りながらウットリする私を見て
金物でそこまでテンションが上がるお施主さんは初めて見ました。
(´・∀・`)
と、百戦錬磨のm1さんも半ば呆れ気味。(笑)


でも
「この金物はココが・・・・・」
とか
「これはこっちに繋がっててね・・・・・」
やら
「ここの金物はさっきと違って・・・・・」
と、ノリノリで説明してくれました。(´∀`)



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



by casagarage | 2015-07-04 05:18 | 着工から基礎工事