casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

サッシの遮音性能


ワタクシ、こと睡眠に関しては異常なまでに神経質であると自覚しております。
睡眠以外は「普通に」神経質。(笑)

「眠れない」という事に対する恐怖心というか強迫観念が、人並み外れたレベルで強いのです。

音に弱く、人の話し声や犬の鳴き声が耳に入ると、もう気になって寝られません。
(犬以外の動物の鳴き声や工事などの機械音は、何故かへっちゃらです)

私は仕事の都合で、いつも明け方に床に就き昼過ぎまで眠っているのですが、
そんな私の天敵が軽トラの豆腐屋です。

ヤツは週に3、4回くらいのペースでやってきます。
時間は決まって、私が起きる1時間程前。


そして・・・・・

選挙カー顔負けの大音量で屋号を連呼

こんなの誰だって起きるって。(^^;;


豆腐屋はともかく、色んな外乱で目が覚めるのは日常茶飯事です。
意外な「敵」は家族で、大きな声でしゃべってる時は目が覚める事が多々あります。


なので、静かな寝室というのを上位の希望として設計に組み込んでもらいました。
2カ所ある窓のうち、外壁の窓は防音性能の高いビル用サッシを使用。
室内側の窓も防音サッシを入れてもらいました。
減額調整では毎回のように標的にされ、私は諦めたのですが家内が「絶対ダメ」と譲らず、死守する事ができました。(家内には感謝しています。ありがとう)



この室内側の防音サッシですが、上棟式の時にm1さんから
意匠を整える為に外側に木製サッシを入れ二重サッシにするという提案を受けて了承しました。

ところがコレ、私たちは木製建具+防音サッシと思っていたのですが、
実際には木製建具(防音ガラス)+インナーサッシという仕様だったのです。

インナーサッシの仕様でも防音サッシ並みの遮音性能を維持出来るのなら問題ないのですが、
m4さんは「何とも言えません」と煮え切らない返答。



これ、だいぶモメました。



意匠を大事にしたいm1さんの気持ちもよく分かります。しかし、
「見た目の為に(私の)安眠を捨てる事は出来ない」とココでも家内が頑張ってくれました。
私が寝ていてもリビングで気兼ねなく過ごしたい、という思いもあったようです。なので「外壁側の窓と同等の性能が必要」と譲りませんでした。


最終的にm1さんが「casagarageさんの意思を尊重しましょう」と折れてくれたのですが
「玄関は顔ですから」と言っていたm1さんの言葉が、ずっと引っ掛かっていました。
せっかく建築家に頼んだのだから見た目も大事にしよう、と家内を説得し、
m4さんに何かイイ落としどころは無いか、再考をお願いしました。




そして数日後返答が返ってきました。
防音性能について相当頑張って調べてくれたようです。

まず、今は「防音サッシ」というのは存在しないそうです。
今のサッシは防音性能を備えているので木造用サッシは全て「防音サッシ」なんだそうです。
そしてインナーサッシにした場合、サッシとの間の空気層に防音効果が認められるそうです。

サッシの遮音性能は「T値」という数値で現されるのですが、
各種サッシがどれだけ減音できるのか調べてくれました。

木造用サッシ(サーモス S)・・・25db
木造用サッシ + 防音ガラス・・・35db (元の設計仕様)
木造用サッシ + インナーサッシ・・・40db
木造用サッシ+ 防音ガラス+ インナーサッシ・・・50db
ビル用サッシ + 防音ガラス・・・40db (AW-1 設計仕様)※AW-1は外壁側の窓
ビル用サッシ+ インナーサッシ + 防音ガラス・・・55db
製作建具 + 防音ガラス + インナーサッシ・・・35db(上棟式提案仕様) ※想定値

インナーサッシには15db、防音ガラスには10dbの遮音性能があるので合計-25db。
木製建具の遮音性能は不明ですが、木造用サッシの半分としても12.5dbなので
-10dbは期待できるだろう、という計算のようです。


ちなみにこの窓が付く内壁の遮音性能は-30dbです。


壁と同等の遮音性能は確保できていると考えております。


m4さんからのメールの文面が誇らしげに見えました。
「数値に根拠は無いのですが」と言うものの、信用出来る数値だと思いました。
そうであれば、木建+インナーサッシ案を却下する理由はありません。


m1さんは、私たちがここまで深刻に考えていたとは思っていなかったようで
「そこまで考えておられるなら壁の仕様も再検討する必要がある」と
主寝室の内壁に防音のためグラスウールを詰めるよう設計を変更してくれました。
※工務店さんの御好意で増額無しでやってくれそうな雲行きです。それから天井裏にMOCOフォームをロハで吹いてくれました。ありがとうございます。m( _ _)m


これで豆腐屋だろうが家内の怒鳴り声だろうが安眠できるハズ。(^^)


2015年6月中旬のお話です。



お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



[PR]
by casagarage | 2015-07-23 05:36 | 建て方から木工事まで | Comments(4)
Commented by 新宿鳥 at 2015-07-23 10:23 x
奥さんの気持ち、ものっすごく分かります!
自分自身も神経質なところを持っていると、人の神経質なところへの共感ができる。そしてやっぱり大事な旦那さまですから、彼の神経質な部分をなんとかカバーして、快適に生活してほしい。つまりそれは、自分が普段の生活上でかなり配慮・気遣いをしてあげているところなので、正直、負担がかかっているところでもあるんですよね。

真っ暗で静かな寝室。待ち遠しいことでしょう!
快適さの目標が上がってしまうと、今の生活へのストレス強くなりません? 私はもうキッチンの使い勝手が不快で不快で仕方ないです!

ちなみに私、以前は、明るかろうがウルサイかろうが暑かろうが板の間の上だろうが、どこでも寝られた人間でした。でも今やバード夫の寝室仕様(真っ暗、防音、適温)に慣れてしまい、旅行先だと眠りが浅くなってしまいました 笑。
Commented by holic at 2015-07-23 17:38 x
豆腐屋さん、結構頻繁で、寝てる方としたら大変ですね。
二重サッシに防音ガラス、内壁にも断熱材ですか!我が家の防音室に迫る防音具合です。
製作建具はコストもかかるんでしょうが、デザインとのバランスを考えるとベストかもしれませんね。
Commented by casagarage at 2015-07-24 05:08
> 新宿鳥さん
確かに家内は凄く私の事を考えてくれている、というのをこの所ひしひしと感じております。
事あるごとに感謝の言葉を口にしてはいるですが、どうも伝わってないようで・・・(笑)

仮住まいは、隣の犬が毎日明け方3時〜5時にかけて遠吠えをします。
でも「あと3ヶ月だから」と思うと不思議と我慢できるものです。(笑)

私も昔はのび太クンのように場所を問わず5秒で眠れて、
麻雀してる真横でも爆睡できる男だったんですがねぇ。(^^;;
Commented by casagarage at 2015-07-24 05:13
> holicさん
といっても時間は昼の12時頃ですから、文句を言う筋合いのモンじゃないですし・・・。(^^;;
holic家の防音室、あれが羨ましくって羨ましくって・・・。

「玄関は顔ですから」と言われると、どうしても見た目重視になっちゃいます。(^^)