人気ブログランキング |

casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

タイル、在庫切れ


我が家のリビングと水回りはタイル張りです。

吟味に吟味を重ねてピュアストーン595ベージュを選択したのですが、
リンク先にある通り「在庫2ケース」と・・・・・。orz

議事録に「廃盤になる可能性があるので出来るだけ早く手配」と書いてあったんですがねぇ。(^^;;
こと、相手が私なのでギリギリまで発注しなかったんだと思います。賢明な判断です。(爆)

で、次回入荷は9月。「間に合いません」とm4さんから電話がありました。


デデーン!

画像はお借りしました m( _ _)m


「代わりのタイルをまた探すのか」と思ったんですが、その場で代替品の提案がありました。

ライムストーンはどうですか? 
今、セールをやっている商品を見つけたので2万アップくらいで済みます。


ライムストーンというのが何か知らなかったんですが、ググってみると、高級建材だと判明。

「ただし厚みが5mm増えますので工事に変更箇所が出ます。採用するならなるべく早く決めていただきたい」との事。

「サンプルを送りました。明日には着くと思うので御覧下さい」
気に入ってもらえると思います
とm4さん、自信満々です。(^^)



翌日、サンプルが到着しました。「モカクリーム」というシールが貼ってありました。
ベージュの色合いは、濃すぎず薄くも無くイイ感じ。

でも家内は「水を掛けたら、もの凄く吸う。あと、汚れが心配」と否定的です。
見た目や質感は、さすが高級建材といったトコロなんですが・・・・・。


じゃぁ実際汚して実験しよう!


醤油黄金の味(中辛)をブッ掛けて、チョコを塗り込んでみました。

醤油黄金の味(中辛)はすぐ水拭きすれば、ほぼ取れました。
問題はチョコ。取れません。石鹸も使いましたが、歯が立ちません。

チョコのシミ抜きにはベンジンやクレンジングオイルを使うそうなので
クレンジングオイルを試してみました。
しかし、チョコの汚れは薄まりましたが、今度はオイルが染みになってしまいました。(^^;;
とは言っても、言われなければシミとは分からない、くらいのレベルには洗浄できました。


それともう一つ問題なのが高い吸水性。
m4さんによれば、キッチンにも使用する、というのです。
もちろん撥水加工はするのですが、本当に大丈夫なのかチョット心配です。



その日は現場を見に行く日だったので、現場監督さんにも相談してみました。

「汚れはどうしても付きやすい。でも天然素材なので均一じゃないし、あまり目立たないかも」
「撥水加工はアテになりません」との事でした。

ただ、

質感は段違いに良いですとの事。


「見た目をとるか利便性をとるか、という事ですね」とアドバイスいただきました。



天然素材なのでムラはある。でも、それは無垢フローリングと一緒。
無垢フローリングなら、傷汚れ反りは「味」ですから、同じように考える方がイイのかな、
と思いつつも、やっぱり汚れや、汚れによるシミは気になります。

その辺をm4さんにブツけてみると
「これまで沢山施工して来たけどそういうクレームは無かった」と返ってきました。

ちなみに定価は¥13,000-程なのですが、今回は6000円台で入手出来るというお買い得品。
私ならノータイムで食い付いてくる、と思っていたそうです。(^^;;


タイルとライムストーン、そんなに違うんですか?

ある意味、本物とパチものですから。
質感や雰囲気は断然違います。




この言葉を伝えると、家内も納得してくれて、採用が決まりました。


嬉しいのは、この水磨きのライムストーン、手触りが最高なんです。
スベスベした感触が気持ちイイのなんの。しばらくは毎日のようにお触りしてました。(笑)


大きさは400mm角になります。タイルは600mmの予定でした。
タイルは大きい方が高級感が出るとの事でしたが、実際に高級素材だし、まぁいいか。(^^)



2015年7月初旬のお話です。


お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さい(安全なリンクです)



by casagarage | 2015-08-06 05:26 | 建て方から木工事まで