人気ブログランキング |

casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

塗り壁に見える壁紙


ウチの壁の仕上げは、浴室とそこから続く洗面所の一部を除き、基本全面クロスです。
そりゃ珪藻土や漆喰に憧れはありましたが、
コストコントロールの一環で最初から壁紙を提案され、私たちもそれをアッサリ受け入れました。


壁紙とは思えませんね。こんなにキレイに貼ってあるのは初めて見ました。


別に期待もしていませんでしたが、家屋調査員さんのこの言葉には驚きました。
私たちはビニールクロスと知っているので「塗り壁みたい」だとは思いませんでしたが、
目の肥えている調査員さんが塗り壁と間違うんだから、相当なレベルなのでしょう。


ただし、監督さんに聞いた所によると、
職人さんの腕が良いから塗り壁に見えたのではない、のだそうです。

我が家で使っている壁紙は、非常に薄いのだそうです。
ちなみに図面にはサンゲツのSG5648と書いてありますが、コレ多分間違ってます。(笑)

理屈は分からないのですが、薄い壁紙は塗り壁のように仕上がるのだそうです。
ただし、致命的とも言える弱点があります


強い光が当たると、不陸がメチャクチャ目立つのです。


そりゃぁもう、「済みませんが全面貼り直して下さい」と言いたくなるレベル。(笑)


実際、家屋調査の数日前に家内と現場に行ったのですが、
夕方で西日をまともに浴びていたので、強烈な不陸が出ていました。
あまりに酷さに「施主検査で指摘して全面張り替えてもらおう」と即決しました。

ところが、直射日光を浴びていなかった家屋調査の日は、
「あれ? あの不陸はドコに消えたの?」という位、全く分からなくなっていました。


監督さんにその話をすると
「どうしても西日が当たると目立ってしまいます。実際は下地は塗装レベルで仕上げているんですが」
と申し訳無さそう。

m4さんも「やり直しても恐らくほとんど改善しないと思います」との事。
そりゃぁ、塗装レベルの下地ならそうでしょうね。


西日が当たったときの不陸は、塗り壁と見違える程の仕上がりの代償なのです。


最初からこの事を知っていたら、
塗り壁に見えるというメリットがあっても、この壁紙を選ばなかったかも知れません。

でも、すでに施工しちゃってるので、このまま行くしかないよなぁ。(^^;;




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



by casagarage | 2015-10-23 05:12 | 竣工まで