casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

歪んだ玄関ドア


我が家自慢の造作玄関ドア、以前のブログでチラっと触れました


引き渡しの時点ですでに歪んでいました。(^^;;



木は動く物だし、調整しながら様子を見ましょう、という事になっていたのですが



まさか住み始めて2週間で鍵が閉まらなくなるとは。( ̄ー ̄;



カラ松動き過ぎwww



さすがに鍵が閉まらないのは拙いので調整をお願いした所、
工務店から「ドアを交換させて欲しい」と申し出がありました。

1ヶ月も経たないのにこの調子だと、今後もっと酷い事になるのは確実なので、という事のようです。



初めから反ってるドアなんてあり得ないと激怒していた家内は大喜び。(^^;;


作り直すにあたって、m4さんから仕様について相談を受けました。
1)今と同じ素材で反りにくい構造にする
2)反りにくい素材に変更する

1のメリットは意匠を変更せずに済む事。デメリットは反りを抑えきれない可能性が残る事。
2のメリットは再び反る可能性が低い事。デメリットは意匠が変わってしまう事。

今の意匠は凄く気に入っているので、1でお願いしました。



そして昨年暮れ、新しいドアが我が家にやってきました。





すでに反ってるんですが?

|||(-_-;)||||||エー、マジデ


c0360183_04471775.jpg

見ての通り、我が家のドアの面材は外壁と意匠を合わせたカラ松を使用しています。
工務店の説明によれば、外壁用の材なので乾燥が不十分で、どうしても反りが出やすいのだそうです。
通常、建具屋さんがドアに使う木は完全に乾燥させてから使用するので、ここまでの反る事はないとの事でした。

今回は反る力を抑えるため、板を削って厚みを半分程度にしたのだそうですが、
木材が反る力というのは思いのほか強力だったようで・・・。

特にカラ松はよく反る材だそうで、確かに外壁の板もすでにかなりの反りが出ていました。



それでも最初のドアより反り具合がマシなので、これに付け替えようとしたのですが・・・



レバーハンドル取付け用の切り欠きの位置が違う件



なぜそんな初歩的なミスを、と思って理由を聞いたら、最初のドアの切り欠きの位置の決め方が
「ドアの端から何センチ」という指定ではなく「真ん中の板の中心」だったので
今回も同じようにしたら、板の幅が微妙に違うのでズレた、との事。orz



仕方無いので元のドアに戻す事になりました。ε-(;ーωー)



鍵の取り付け位置はドアを削って再調整。
・・・・したけど1週間もしないうちにまた閉まらなくなりました。


カラ松どんだけ反るねん。( ̄Д ̄;;



使えない方のドアは持ち帰って乾燥室に入れ一度歪みきる所まで歪ませてしまうそうです。
それを真っ直ぐに修正して使用する事が出来そうならそれに交換しよう、という事になりました。

修正出来ない程歪んでしまったら、カラ松は諦めて別の素材で作り直すそうです。
その場合、材は杉になるそうです。建具屋さんの経験則から言って反りは出にくいそうです。

材が変わる上に竪張りなるそうなので、意匠が全く変わってしまうのは残念ですが、
m1さんも「住みやすさを優先した方がイイでしょう」と仰っています。



造作ドアというのは難しいモンなんですね。



おそらくm1さんは外壁用のカラ松をドアに使う事のリスクについて
そこまで深く考えていなかったと思われます。
もし知っていたら事前に説明があったはずです。

意匠建築家あるある、と言ってしまえばそれまでですが、建築家に依頼すると
こういう「ワンオフ物ゆえの予期せぬトラブルを招く」というリスクがある、という事を
これから家づくりをする皆さんにお伝えしておきたいと思います。




お楽しみいただけましたでしょうか?
ランキング参加中! (・∀・)
応援クリックお願いします m( _ _)m
「面白かった」なら、こちら↑をクリックして下さいませ(安全なリンクです)



by casagarage | 2016-01-04 02:44 | 引き渡し後 | Comments(12)
Commented by にっちぃ at 2016-01-04 12:26 x
初めまして。
いつも楽しく拝見させて頂いております。
私も建築をする予定ですので、色々と勉強させて頂いております。
今後も楽しい内容を期待しております。
Commented by 沙沙 at 2016-01-05 10:20 x
ご無沙汰しております。
我が家も造作ドアなので、ひやひやしながら記事を読みました。うちはレッドシダーの引き戸なのですが、カラマツは反りやすいんですねー。元々玄関ドアは既製品を希望していたのですが、建築士さんの意匠へのこだわりで造作ドアになったため、こんなに不具合が出たとしたら、やっぱり既製品にすればよかったと後悔してしまいそうな予感・・・。(そのほうが電子キーもつけられたし)

でもcasaさんのお宅は、ドアから続いている外壁との一体感が素晴らしいので、これは既製品ではまず実現できなかったでしょうね。役立つ記事をありがとうございます。今年もよろしくお願いします。
Commented by taiyoutouminoai at 2016-01-06 12:09 x
お久しぶりです。
相変わらず名前欄に入りきらなくてスミマセン、taiyoutouminoaidaです。
造作ドア、うちも歪んでいます。
それもうちはドアがいっぱいあるので、笑っ。
鍵も2回調整していただきました。
鍵のあるドアはそれぞれ、引いて閉める・持ち上げて閉める・力を入れずに軽く閉めるなどのコツがあり、風で音の鳴るドアはちいさな布をはさんだりと手間がかかります。
でもどれも美しい建具なので許しています。

casaさんも「既製品でないこだわりのドア」を可愛がってあげてくださいね。


Commented by casagarage at 2016-01-06 14:23
> にっちぃさん
初めまして。コメントありがとうございます。お返事遅れて申し訳ありませんでした。

これから建築ですか! 心躍りますねぇ。
家づくりは楽しい事ばかりじゃないけれど、竣工すれば大きな喜びが待っています。
頑張って下さいね!!
Commented by casagarage at 2016-01-06 14:28
> 沙沙さん
お久しぶりでございます。m( _ _)m
間もなく竣工との事、お慶び申し上げます。夜にでもブログの方にお邪魔させていただきます。

レッドシダーなら杉ですよね? 監督さんによれば杉は反りにくいそうですよ。
建築家って、玄関とファサードには特にこだわるみたいなので、仕方無い部分もあるかも知れませんね。(汗)

家内は「だから私は既製品で良いって言ったのに」とブチブチこぼしております。(^^;;
Commented by casagarage at 2016-01-06 15:07
> taiyoutouminoaidaさん
お久しぶりです。(^^)

そうなんですよ。僕もね、閉まりにくいだの隙間があるだの、って別に構わないって思ってるんですよ。(今回は鍵が完全に閉まらなくなってしまったのでそれはアウトですがw)

家内は「美観のために機能が損なわれる」というのが許せないみたいで、まぁそれが普通の考え方なのかも知れませんが、そこでいつも衝突してしまいます。(^^;;


ブログでお褒めに預かり、光栄です。
ああいう風に、コメント以外の所で褒められるとかなり照れるモンですねぇ。(^^;;

taiyoutouminoaidaさんの軒天(というかあの独特のファサード全体)素晴らしいと思います。ファーストインプレッションで度肝抜かれる感じがします。素晴らしいです。しかしつくづく思いますが建築家って「繋がり」を大事にするとういうか、大好きですよね。(^^)
Commented by taiyoutouminoai at 2016-01-06 22:24 x
お断りもなくブログを紹介してしまって申し訳ございません。
お許しくださってありがとうございます。
私のブログはコメント欄を設けていなくて、ごめんなさい。
うちはcasaさん夫婦とは逆です。
私は外からの視線は気にならないのに主人は気になるようです、笑。

うちの建築家さんは多くを語らない方で、あとでこうだったのか!と気付かされることばかりです。これからもポロポロと気付かされることでしょう。

casaさんのお宅、玄関でコレだけ盛り上がるのですから。
このあとのWEB内覧会をワクワクしながら楽しみにしていますね。

Commented by casagarage at 2016-01-07 02:26
> taiyoutouminoaidaさん
いえいえ、紹介していただいてお礼を申し上げたいくらいです。
というか、私、みなさんのブログに直リン貼りまくってますし。(汗)

多くを語らない建築家さん、カッコいいですね。
自分の仕事に自信があるんだろうなぁ、というのが伺い知れます。(^^)
Commented by ズニャ公 at 2016-01-07 10:34 x
あけましておめでとうございます。
今年もWeb内覧会を楽しみにしてます。

ところでわが家も造作の玄関ドアでレッドシダーです。
これがやっぱり動くので、鍵が非常にかけ辛いです。
(かけられないとまではいってません。)
これまで2~3度調整してもらってはいますが、その度に受けの金具がボロボロになっていきますし、その時はちょっと鍵を閉めやすくはなるんですが、季節が変わるとまた動いてしまってダメです。
今の時期、室内側から鍵をかけるのが非常に力が必要でストレスマックスです。プンプン。
隙間風問題もあり(メンテも大変だし)
造作のドアって本当に好きじゃないと後悔しますねー。
私は見た目には満足してますが、もし次回玄関扉どうするかってなったらきっと既製品にしてしまうかもw

それにしても、壁のアクセント&ガラス張りの繋がりがカッコいいですね。
外から見えるといっても廊下部分だけっぽいですし、これは透明ガラスで大正解ですね~。
Commented by casagarage at 2016-01-07 13:17
> ズニャ公さん
あけましておめでとうございます。

ありゃー、レッドシダーも動きますか。次、多分レッドシダーなんですよね、困るなぁ。(汗)
ウチは季節ごとどころか天候次第で変わります。
雨が降ると大丈夫で晴れが続くと閉まりません。(爆)

鍵さえ閉まるなら隙間風は構わない、と思ってるんですが、家内は全部許せないそうです。
で、ケンカする、というお約束のパターンに突入します。(^^;;
Commented by pure at 2016-01-10 16:58 x
遅ればせながら、本年も引き続きよろしくお願いしますm(_ _)m
造作ドアは意匠の点では非常に趣がありますが、どうしても反ったり動いたり、、、で、取り扱いが難しいとは聴いていました。
そういう点はありながらも、やっぱりうらやましいです。
デザインや質感、、、ため息が出ます。
櫛引の外壁との相性も最高ですね。
我が家は既製品ですが、木製ドアを採用したので、閉まるときの重厚感は良いですよね。
今年も内覧会、楽しみにしております(*^_^*)
Commented by casagarage at 2016-01-11 02:39
> pureさん
こちらこそよろしくお願いいたします。m( _ _)m

まさにそこですね。
見た目を取るか、機能と住みやすさを取るか・・・
私は家づくりを通じて常に見た目を取って来たので・・・(^^;;
ちょっと軽く考えすぎてたかも知れませんねぇ。