casagarage

casagarage.exblog.jp
ブログトップ

なんでガレージが必要なのか

私の趣味は「クルマ」です。

1960年代製の旧い車を2台所有しています。
といっても1台は不動車で、実家の車庫にもう10年近く放置してます。
でも今度はそれも自宅に置きたいのです。

なんせ50年近く前の自動車ですから、雨ざらしにするとアッという間に錆びるんですね。
というか、錆びてます。(^^;;

少しでも良い状態を保つために、雨風をしのげるガレージは必須なのです。
家内もそうですが皆「ボディカバーでいいじゃない」って言います。でもあれはダメ。
雨上がりには地面から蒸発した水分がカバーの内側にこもって却って錆を促進するのです。

と言っても分かってもらえないんですよね〜。(涙)

しかも2台分。

・・・というか、もう1台ポンコツを手に入れる野望があるので、できれば3台分

てか、理想は詰めれば4台入る広さ



しかも、普段乗ってる軽自動車を外に置くスペースも必要なんです。


そりゃ、家内も怒るよね。(笑)






ランキング絶賛参加中(・∀・)

please,click!!
にほんブログ村




[PR]
# by casagarage | 2015-03-14 03:22 | いろいろ | Comments(0)

私にとってのガレージハウス

ガレージのある家、とひと口に言っても多種多様です。
「ガレージハウス」で画像検索すると、沢山のガレージの画像が見れます。

その多くが高級外車ディーラーのショウルームのようなガレージです。
で、置いてる車は大概ポルシェかフェラーリかBMW。なぜかベンツはほとんど見かけません。
(理由が何となく想像できる人は私と同じ種類のクルマ好きだと思います)

私の所有しているのは1960年代製の旧いクルマです。
ガレージではタイヤを交換したり、軽微な整備を自分でしたり・・・
床にオイルの染みがあってもそれが似合うガレージであって欲しい。

クールで洒落たショウルームではなく
少し薄汚れていて暖かみを感じる旧い納屋、あるいは民家・・・
そういうイメージのガレージでありたいですね。




ランキング絶賛参加中(゚∀゚)

please,click!!
にほんブログ村




[PR]
# by casagarage | 2015-03-14 02:58 | いろいろ | Comments(0)

建築家決定

初めての面会は話も弾み、気がつけば3時間近く話し込んでいました。

建築家の方は家内の第1印象通り、物腰が柔らかく笑顔を絶やさない方でした。
家内は「私がアホな要望を言っても、笑って受け入れてくれそう」とかなりの好印象だった様子。

夫婦揃ってお人柄に完全に惚れ込んでしまい、帰りの車中ですでに、
「もう頼む方向で決めちゃってもイイよね」と意見が一致していました。

予算の方も、最初に伝えた金額は減額調整対策でサバを読んでいたので
500万の増額なら予算内に収まります。


一応、一晩冷却期間を置きましたが気持ちは変わりませんでした。

「予算は増額しますが、もう限界ギリギリです。
後から予算オーバーであれやこれやと削る作業はしたくありません。
なので、コストコントロールをしっかりお願いします」

との一文を添えて正式に設計を依頼したのが、2013年師走のお話。





ランキング絶賛参加中(゚∀゚)

please,click!!
にほんブログ村




[PR]
# by casagarage | 2015-03-13 04:55 | 建築家を決めるまで | Comments(0)

面会

初めての面会はメールを出してから1週間もしない内に行われました。
場所は建築家の事務所です。

建築家に依頼して家を建てる、というのは家内にとって20年来の夢。
私も結婚してから家内に洗脳されていましたので、人生の大きな目標になっていました。

そんな状況だったので2人ともかなり入れ込み気味。(笑)

もう1年半も前のことなので、何を話したかよく覚えていませんが、
私たちが暴走気味にかなり突っ込んだ話をしたように思います。

最初はもっと大まかでざっくりした話をする、ってよく見るけど
そんな内容ではありませんでしたねぇ。(^^;;


私たち2人の中では、
もし建築家に頼んで家を建てるなら「3階建てで1階は全面車庫」にする、
というコンセンサスが取れていました。敷地はそんなに広くないんでネ。(^^;;

しかし、予算的に3階建ては無理で2階建てになること、
そして2階建てでも予算的に厳しく、500万程の増額が必要だと告げられました。

実はコレ、私たち夫婦にとっては大問題。
予算ではなく2階建てが、です。

3階建てなら1階を全て車庫にしても、
居住スペースは十分な広さを確保できるので「放任」してもらえていたのです。

しかし2階建てだとそうはいきません。
車庫に床面積を取られると、どんどん居住スペースが狭まっていきます。
しかも、私の想定しているガレージは非常識なまでの広さなのです。(^^;;

これから長く続く、ガレージを巡る夫婦間バトルのゴングが打ち鳴らされた瞬間でした。




ランキング絶賛参加中(゚∀゚)

please,click!!
にほんブログ村




[PR]
# by casagarage | 2015-03-13 04:33 | 建築家を決めるまで | Comments(0)

メールでコンタクト

第1候補も決まったので早速メールでコンタクトを取ることに。

色んな人の建築ブログを見ていると
複数の建築家にアプローチして、話を聞きながら候補を絞る方が多いようですが
私たちはそうしませんでした。

人見知り問題もさることながら、
同時進行で話を聞くと選定に悩みそうだし、
何より、お断りするのが申し訳ないというか気が引けるというか・・・

先ずはその建築家に話を聞いて気に入らなかったら別の人を捜そう、
という手順を選択しました。


メールの文面は以下の通り。

--------

『建築家の設計事務所の名称』 『建築家の名前』様

初めまして。
自宅の建て替えを計画している『施主の名前』と申します。

ホームページを拝見して『作品の名称』を見て興味を持ち、
是非お話をお伺いしたいと思いました。

よろしければ御都合の良い時に、一度お時間を作っていただけませんでしょうか。

簡単な概要は以下の通りです。
●家族構成
●敷地面積
●用意出来る資金はおよそxxxx万円

私の休日はx曜日で、今月はいずれの日も予定はありません。
勝手を申しますが、よろしくお願い申し上げます。

『署名』

--------

以上です。

建築家に送る最初のメールって
どんな文面すればいいのか意外と見つからないので(検索の仕方が下手なだけ、とも言います)
全文掲載します。何かの参考になれば幸いです。(^^)



1日とおかず返事が来て、面会の日程が決まりました。


メールを送ったのが、2013年12月に入ってすぐのお話。




ランキング絶賛参加中(゚∀゚)

please,click!!
にほんブログ村




[PR]
# by casagarage | 2015-03-13 03:21 | 建築家を決めるまで | Comments(0)